2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 辺境を歩いた人々(宮本常一) | トップページ | ウェブ時代をゆく(梅田望夫) »

2008年1月 3日 (木)

食農教育 2008年1月号 No.59

 今号で目を引いたのは、以下の記事。

  • [特集] 食育で学校が変わる
     食育で美術、食育カリキュラム
  • 小特集 「だし」大研究
  • 身近な昆虫を飼う11 テントウムシの冬越し

 「だし」は、総合のテーマとしても面白いと思った。だしは、実にいろいろな素材からとることができる。『煮干しの解剖』は、理科・家庭科でも使えそうなネタだ。

« 辺境を歩いた人々(宮本常一) | トップページ | ウェブ時代をゆく(梅田望夫) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220063/17570036

この記事へのトラックバック一覧です: 食農教育 2008年1月号 No.59:

« 辺境を歩いた人々(宮本常一) | トップページ | ウェブ時代をゆく(梅田望夫) »