2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 授業のアイデア3・4年授業を楽しむコツ70(佐藤正寿) | トップページ | 「学び」を問いつづけて(佐伯胖) »

2008年1月 6日 (日)

漢検2級の練習問題

 読書したり、子供のつきあって漢検の練習をしたり。つきあうと言っても、自分は2級の問題集。「薦める」「醸す」「恭しい」といった言葉を送りがなつきで書いたり、「粒粒辛苦」「会者定離」といった四字熟語を意味とともに知ることができたり。かなり賢くなったような気がする。

 他にもやることがあると知りつつ、佐伯胖の本をかなり時間をかけて読んだ。

« 授業のアイデア3・4年授業を楽しむコツ70(佐藤正寿) | トップページ | 「学び」を問いつづけて(佐伯胖) »

コメント

本年もよろしくお願いいたします。研究会は、何とかして行きたいと思っています。さて、漢検2級、長男(中2の時)が受けるというので、「母の実力を見なさい!」と一緒に受けたら、私はぎりぎりの合格で、長男に負けました・・・。今でもその時使った試験勉強ノートは、児童への啓蒙用に取ってあります。確かに賢くなった気はしますが、私の場合その時だけでした。

申し遅れました。今年もよろしくお願いします。

漢検2級は、勉強しないと(しても?)わたしには、とても無理です。

たくさんノートに書きましたが、新しく覚えた字から、どんどん忘れていきます。老化でしょうか(笑)。

本年も宜しく!!
私も漢検をやってみたくなりましたが1級の問題集は何処に有りますか?
結構上京の機会がおありの様で、どうぞ拙宅にもお寄り下さい。
泊まる部屋ぐらいはありますので。
チョット都心からは離れておりますが。
喬さんに宜しく。
使用でコメント書いちゃいけなかったかな??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業のアイデア3・4年授業を楽しむコツ70(佐藤正寿) | トップページ | 「学び」を問いつづけて(佐伯胖) »