2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1月に取り組んだこと | トップページ | ICTの活用と授業力の向上 »

2008年2月 1日 (金)

指導には連続性がある

 創立記念集会の練習は、体育館。ステージ前ひな壇での場所の確定と、全員で言葉を言うところの動きの確認。今日はそれで精一杯。しかし、発表全体の流れはつかめた。鵜飼Tがプレゼンを作成。こちらも完成したので、来週は画面と会わせて練習する。

 指導することは、「息を合わせていう」「伝えようという気持ちがあって、初めて相手に伝わる」などなど。合唱指導と同じだったり。指導には連続性がある。

 創立記念集会では、学年全員128名で、プレゼンテーションを行う。内容は、2学期の総合「山室中部のココがすばらしい」のダイジェスト。プレゼンスライドは教師作だが、発表する内容は子供たちから原稿を募って構成した。今回の体験で、プレゼンのイメージを持てたらよいと思う。

 26日(火)には、学年を10あまりの班に分けて、ポスターセッションによる発表を行うことになった。集会での発表はダイジェストだが、こちらは、探検した全地域について詳細な発表がある。保護者の皆さんには、こちらも参観していただければありがたいと思う。

« 1月に取り組んだこと | トップページ | ICTの活用と授業力の向上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月に取り組んだこと | トップページ | ICTの活用と授業力の向上 »