2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イリュージョン(リチャード・バック) | トップページ | 欲ばり過ぎるニッポンの教育(苅谷剛彦+増田ユリヤ) »

2008年2月11日 (月)

「人たらし」のブラック心理術(内藤誼人)

 人たらしとはあまり聞き慣れない言葉だ。広辞苑を見るとあまりよい意味合いではないが、本書自体は、ビジネスにおける人付き合いのノウハウを示す、極めてまっとうな内容の本だ。

 大人同士が円滑に人間関係を気づく秘訣を書いた本は、世の中に数多ある。それだけ、悩ましい問題だということだろう。

 こういうに本は、児童との接し方のヒントも多々出ている。

・機嫌の悪い相手からはさっさと逃げる。
・人間関係がおかしくなったら、自分がほんの少し変わる。
・「説得」するのではなく、君は○○できる人だからと「レッテルを貼る」

 このまま使うことはできないにしても、指針にはなるのだった。(大和書房)

« イリュージョン(リチャード・バック) | トップページ | 欲ばり過ぎるニッポンの教育(苅谷剛彦+増田ユリヤ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イリュージョン(リチャード・バック) | トップページ | 欲ばり過ぎるニッポンの教育(苅谷剛彦+増田ユリヤ) »