2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 平成20年度小教研4月部会 | トップページ | 百人一首の指導を見た »

2008年4月15日 (火)

基礎学力の時間を公開

 本年度転任してきた先生方に,基礎学力の時間を公開した。といっても,もともとの方もかなり参観され,20人以上の先生方が教室の後ろに並んだ。

 

 本日の展開は,次の通り。内容は,3年生の漢字練習。 

  1. ICT機器を使って,3つの漢字の筆順を復習。
    人差し指で空書きを3回。スピードアップして1回。机上に指書きを2回。
     
  2. それぞれの漢字の熟語をいくつか復唱
     
  3. その漢字を使った5つの言葉を,例(漢字名人)を見ながらノートに1回書く(1分30秒程度)。
     
  4. 例(漢字名人)のひらがな版を見ながら,もう一度ノートに書く。学級の3分の1は教師に見せる。
     
  5. Chieruのフラッシュ型教材で部首の学習。(一休みしてリズムを立て直すため)
     
  6. 別の3つの漢字で,1~4を同様に練習。

 

 これを15分間で実践する。時間的にはかなりタイトだったが何とかやり終えた。子供たちがよく頑張った。

 

 基礎学力の時間を進めるには,前提として,必要な文具だけを机上に出しておく,箇条書きの仕方,この学習でのノートの定番的使い方,鉛筆の持ち方,書くときの姿勢など,普段から指導しておかなければできない,いくつものステップがある。

 付け焼き刃ではとうてい無理。これまで力を付けて,しっかりできるようになっていた子供たちに感心した。チエルのフラッシュ教材は,研修会で活用していたが,授業での活用を見たのが初めてだった人も多く,そちらも大変評判がよかった。

 

 

 国語,社会,算数,図工,体育,図工の1日。図工作品「花一輪」が,なかなか素敵になった。

 放課後は,有谷さん@SKSが来校。杉田校長と一緒に,校務の情報化トーク。

« 平成20年度小教研4月部会 | トップページ | 百人一首の指導を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成20年度小教研4月部会 | トップページ | 百人一首の指導を見た »