2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« GWも終わり | トップページ | GWの自由研究2 植木鉢をオーブンにする »

2008年5月 6日 (火)

GWの自由研究1 常願寺川をたどる

 4年社会科に、先人の功績を探る「郷土をひらく」という単元がある。社会科の副読本に取り上げられているのは、常願寺川と牛ヶ首用水に力を尽くした人々の話。

 本校は常願寺川に接している。校区には、常願寺川に併走する常西合口用水から取水する流杉浄水場も存在する。これはネタにしない手はない。

 

 10年ほど前、国立立山少年自然の家(当時)のイベント「あばれ常願寺川のなぞにいどむ」に協力したことがあって、常願寺川に対しては知識も思い入れもある。今回は、最近の状況を確認するために、半日ほどかけてフィールドワークしてみた。

 

 結果、分かったのは、流域の施設がかなり更新されていること。常願寺川の治水は常に最新のできごとでいっぱいのようだ。

Img_6754

 横江の砂防堰堤(えんてい)。常西、常東用水は、ここから取水している。現在は農水省直轄で、大規模改修工事中。

Img_6719

 横江から少しくだったところに、今年の3月に新しくなった分水槽がある。ここで、常西用水と常東用水は、一定の水量で分けられる。

Img_6710

 川を横断する用水のための橋。分水された常西用水は、この橋の中を流れて常願寺川を渡る。この橋も、最近完成したばかり。昔の橋よりもかなり大きい。

Img_6729

 ちなみに旧橋はこんな感じ。どちらも、常願寺川のこの辺りでは最狭部につくられている。

Img_6762

 今度は上流へ。日本一の貯砂量を誇る本宮砂防堰堤。こちらの管轄は国土交通省。

Img_6774

 吊り橋状のコンクリート橋が架けてあった。対岸の学校同士で交流学習が行われているようなことが、案内板に書かれていた。

Img_6766

 本宮砂防堰堤の周辺は、公園化されていた。 魚道なども設けられていて、最近の治水行政の変化がうかがわれる。

Img_6794

 さらに上流の橋から、砂防ダムを見下ろす。一番奥が、上の写真の本宮砂防堰堤。これだけの土砂を一つの堰堤がささえている。

Img_6795 

 橋から下を見下ろすと、ここにも魚道が設けられていた。

Img_6807

 富山地方鉄道立山駅横にある砂防博物館。砂防に関するブースは無料で観覧できる。かなり凝った内容で面白いが、小学生には難度が高い。学芸員さんと連携し、事前学習を積んでおけば楽しめるとは思う。

Img_6812

 砂防博物館の横には、カルデラの工事現場につながるトロッコの発着場がある。春から秋にかけて催される見学会用の客車トロッコは、常時展示されている。

Img_6820

 帰途に立ち寄った西ノ番の大転石。安政の大洪水では、こういう石がごろごろ流されてきた。

 農水省も、国交省も、常願寺川にはかなり力を入れている。最近の常願寺川は、洪水を起こすことがなくなったが、その陰には、明治以来100年以上にも及ぶ間のたくさんの人々の苦労があるのだった。

« GWも終わり | トップページ | GWの自由研究2 植木鉢をオーブンにする »

コメント

こんにちは。地元富山です。
常願寺川の大転石をいろいろ調べています。
一番最後の西番の大転石の場所がわかりませんでした。
よろしければ場所を教えていただけますか。
よろしくお願いいたします。

 せっかく質問をいただいておりながら、返信差し上げずに済みませんでした。
 
 写真の場所は、西の番の市営富山霊園の中だったと思います。
 正確な場所はよく記憶していませんが、車で走れる範囲のどこかです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GWも終わり | トップページ | GWの自由研究2 植木鉢をオーブンにする »