2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« GWの自由研究1 常願寺川をたどる | トップページ | GWの自由研究3 フラッシュ型教材をつくる »

2008年5月 6日 (火)

GWの自由研究2 植木鉢をオーブンにする

 今年のクラブで、「野遊びクラブ」を担当する。子供のやりたいことを実現するのがクラブの主旨だが、新設クラブのため、子供たち自身にも活動のイメージが余りふくらまないことが予想される。

 少しはネタを準備しておこうと思って、その教材研究をいろいろしてみた。

 

  1. 聴診器で木の音を聞く
     
     木の内部の音が聞こえるという噂もあるが、おそらく噂に過ぎない。聞こえるのは、木と聴診器の間を吹く風の音。時折走り去る車の音が、風に混ざって聞こえたりする。
     
     ただし、空中にかざしても、余り音は拾えないので、「木にかざして自然の音を聞こう」という投げかけは、可能かも。
     
     紙をあてて木の模様をこすりとって、それに絵を描いたり、詩を書いたりというバリエーションもあり。
     
  2. 植木鉢のオーブンで野外料理
     
    P1000428
     
     初心者なので、ガスコンロで試してみた。
     
    P1000429
     
      何とかほっくり焼き上がったが、やはり熾火で焼くのに限る。準備を考えると、時間がかかりすぎる。個人的な趣味でとどめておいた方がよいかも。
     
     ちなみに、このあと鶏肉を焼いてみた。短時間で焼き上がり味も上々。でも子供がクラブで調理するとなると、鶏肉はねぇ・・・。

 

 ということで、野外料理は、もっとシンプルで待ち時間の少ないものがよいと判明。ま、面白かったけど。

« GWの自由研究1 常願寺川をたどる | トップページ | GWの自由研究3 フラッシュ型教材をつくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GWの自由研究1 常願寺川をたどる | トップページ | GWの自由研究3 フラッシュ型教材をつくる »