2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« お笑いの世界に学ぶ教師の話術(上條晴夫) | トップページ | 「聴解力」を鍛える三段階指導(山中伸之) »

2008年5月26日 (月)

発問上達法(大西忠治)

 適切な発問を行うための秘訣をステップ化して明らかにしている。経験を経た今、この本を読むと、読み取れることはとても多く納得もできる。

 

  1. 発問は3種類ある。
    1) ゆれる発問=子供の自由な思考をうながす。
    2) 大きな発問=方向性を示す。小さな発問=助言が必要
    3) 動かない発問=既有情報を整理する。
     
    この3つを複合させて授業を行う。ちなみに、教師がゆれる発問は不適切。
     
  2. 授業で大切なのは、「発問」ではなく「説明」
     
  3. 「指導言」は、説明、発問、指示の3つから成る。
     
  4. 一指示一行動から多指示行動へ

 

 教師の授業力の向上には、必読の書。若い人には是非読んでほしい。(民衆社)

« お笑いの世界に学ぶ教師の話術(上條晴夫) | トップページ | 「聴解力」を鍛える三段階指導(山中伸之) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お笑いの世界に学ぶ教師の話術(上條晴夫) | トップページ | 「聴解力」を鍛える三段階指導(山中伸之) »