2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ぐんぐん伸びる学力のつくノート指導のコツ(佐藤正寿) | トップページ | 検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦(苅谷剛彦ほか) »

2008年9月21日 (日)

野口流授業の作法 (野口芳宏)

 作法とは、「正しい法式」。誰もが基礎的に身につけておかなければならない行動、動作の規範といった意味で、本書は名付けられている。指導法ではなく、作法。心構えから、具体的な所作まで、一流に学ぶことは多い。

 初心を大切に、常に、自分を高めていく気持ちを持たなきゃ。教室でも、例えば、テストの時の動きや、忘れ物をしたときの動きなどは、作法として位置づけておくとよいかも。

« ぐんぐん伸びる学力のつくノート指導のコツ(佐藤正寿) | トップページ | 検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦(苅谷剛彦ほか) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぐんぐん伸びる学力のつくノート指導のコツ(佐藤正寿) | トップページ | 検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦(苅谷剛彦ほか) »