2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 紙ずもう大会が開催された | トップページ | 道具の移り変わりを体験を通して実感する »

2008年9月25日 (木)

10月1日授業の検討

 先日の全体研を受けて、授業力部会研修会。各自の授業内容がどのように変わったのかを確認した。

 4年生の算数は、授業者の道下Tの参観のもと、来週、自級で自分が先行して実践を行うことに。前日には、模擬授業で、展開の確認を行う予定。

 5年生理科は、他学級がすでに実践済みということで、展開の確認ののち、当日を迎えることになるだろう。

 部会研修後、1年生国語の事後研。他学級で、実践してみた結果から、展開の方法を検討。1年生段階で説明文を解釈するには、イメージをいかにふくらませるかが大切で、そうして引き出された言葉を共有することで、語彙が豊かになる。

 日常的にそういう授業を展開できることが、教師の技量だが、それは、職人技ではなくて、誰もが実践可能な技術だと思った。

« 紙ずもう大会が開催された | トップページ | 道具の移り変わりを体験を通して実感する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙ずもう大会が開催された | トップページ | 道具の移り変わりを体験を通して実感する »