2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 葛根湯を飲んで休んだ | トップページ | 県東部で総合の授業を見た »

2008年11月 4日 (火)

社会科授業は終末へ

 葛根湯の効き目は、予想以上に絶大だった。のどの腫れもあらかた引き、体調が戻ってきた。時間は戻らないけれど。

 

 1限は、校外学習のまとめ。しおりのMEMOを基に、洪水を防ぐ工夫について分かったことをノートにまとめた。学校放送Webの「調べ方虎の巻」から、「まとめ方のくふう」の回を見て、まとめる視点を確認してから記述。

 

 4限は、この単元の最終時間。高橋先生、佐藤さん@NHKエデュケーショナル、内留中の追分さんも参観。本時は、これまでに調べて分かった洪水を防ぐ工夫を付せんに書き出し、グループごとに整理して、どんな工夫があったをまとめていく時間だった。

 後半は、それらの工夫が、自分たち流域に住む人々のくらしをどのように変えてきたのか、各自でさらに付せんに書き出し、グループでそれぞれの考えを確かめ合った。幾人かを取り上げて、全体の前で発表し、同じような考えのものに挙手させることで、考え方の共有化を図った。

 最初に工夫を付箋に書き出すところで、時間がかかってしまった。ノートには、いろいろ調べていたが、それを振り返る時間をあまりとらないまま、付箋に各活動に入ってしまったことと、学習した内容が難しく、子供たちの中に、知識が十分こなれた状態で入っていなかったことが原因だと思う。

 後半の自分の考えを書き出すところでは、比較的スムーズに自分の考えを見つけていた。事実を問われると、それが確たるものにはなっていないために、細かく書き出すのに時間がかかるが、全体像はつかめているので、それを基にした自分の考えは書くことができる、といった段階にあるということか。

 授業のビデオ撮りは今日で一段落。とりあえずホッとした。

 

 終礼後、研究推進委員会。遠山理事長@パナソニック財団来校時の日程確認等。

 石黒TがまとめたICT活用授業の展開例を検討。言葉の使い方が、難しい。

« 葛根湯を飲んで休んだ | トップページ | 県東部で総合の授業を見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葛根湯を飲んで休んだ | トップページ | 県東部で総合の授業を見た »