2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 指導力が確実に身に付く教師のための授業改善(谷友雄編著) | トップページ | ブラバン(津原泰水) »

2009年3月26日 (木)

野口流 教室で教える小学生の作法(野口芳宏)

 国語実践の大家、野口芳宏氏がまとめた、子供自身の小学生としての振るまい方を示した1冊。

 「主体性」「自主性」「個性」が、尊重されるようになってから、ややないがしろにされてきた部分に改めて焦点を当て、そこからもう一度指導し直すことで、子供の底力を高めたいという、筆者の願いが読み取れる。


 返事や挨拶の仕方、公私の区別を論理的に理解させることなどなど、教師ではなく保護者が読んでも納得できるように、平易に具体的に書かれている。

 宿題を習慣づける目的、給食の食べ方指導など、ここに書かれていることを授業化できれば、それがそのまま生活規律の指導になる。学習内容が増える新学習指導要領を円滑に実践させるためには、こういう指導が重視されていくのだろう。

 教師の振る舞いを示した「野口流 授業の作法」とセットで読むと効果は倍増。

« 指導力が確実に身に付く教師のための授業改善(谷友雄編著) | トップページ | ブラバン(津原泰水) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 指導力が確実に身に付く教師のための授業改善(谷友雄編著) | トップページ | ブラバン(津原泰水) »