2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 野口流 教室で教える小学生の作法(野口芳宏) | トップページ | 積ん読本が減っていく »

2009年3月26日 (木)

ブラバン(津原泰水)

 80年代の現役ブラスバンド時代の様々なエピソードとともに、当時の先輩の現代の結婚式を期に、その披露宴でブラスバンドを再結成して演奏しようとする様子をモザイクのようにちりばめた1冊。

 ブラスバンドっていうのは、大人数の寄り合い所帯だけに、一人一人の物語は小さくても、それが集まると、大きな物語になる。

 このお話は、その小さなエピソードが、あちらこちらでピタッとはまって、そのすっきり感が、おもしろさを倍増させている。


 筆者は、自分と同学年か一学年下。従って、書かれている80年代の様子が、自分の高校生時代とリアルにリンクして、それがまた楽しかったり。「秋空に」とか「東北地方の民謡によるコラージュ」とか出てくるんだもの。

 自分と同世代のブラスバンド経験者なら、ちょっぴりのほろ苦さと一緒に、きっと楽しめると思う。

« 野口流 教室で教える小学生の作法(野口芳宏) | トップページ | 積ん読本が減っていく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野口流 教室で教える小学生の作法(野口芳宏) | トップページ | 積ん読本が減っていく »