2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« すべての子どもがわかる授業づくり(高橋純・堀田龍也) | トップページ | 気になる雑誌記事(北陸の視座) »

2009年6月 8日 (月)

小教研6月部会があった

 午後は小教研6月部会。小グループに分かれて、今年度のそれぞれの実践計画をもとに、子どものかかわりをどう生み出すのか、或いは、教師の支援と評価について議論。

 子供中心主義からのアプローチで議論する者から、教育工学的な視点から学習を構成しようと考える者まで、バックグラウンドが千差万別な分だけ、かみ合わないところもある。結局、メタ認知の効いている方が、歩み寄ることになるのは仕方ないところだ。

 書店で、教育雑誌を買い込んで帰宅。

« すべての子どもがわかる授業づくり(高橋純・堀田龍也) | トップページ | 気になる雑誌記事(北陸の視座) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべての子どもがわかる授業づくり(高橋純・堀田龍也) | トップページ | 気になる雑誌記事(北陸の視座) »