2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 生活習慣の指導場面の検討 | トップページ | 6月の富山情報研 »

2009年6月19日 (金)

算数と社会の習得型の授業の構成を検討した

 放課後は、授業力向上部会。2年算数、3年社会の習得型授業について検討。

 算数は、ものさしで指定された長さを書く、という技能を身につける授業。教科書に書かれた説明だけでは、子どもたちに書き方を指導できない。行間に隠れた言葉を考え、ステップ化して構築するという、教科書の読み解きが協議された。

 社会科では、本時のねらいをどこに置くか、そのための、どのような発問をしていくかが、話題の中心となった。地図を正しく読み解いていくと、農業が行われる地域は土地が平らになっていくことがわかるという授業を構成するためには、もう一段、具体的な発問が必要になる。

« 生活習慣の指導場面の検討 | トップページ | 6月の富山情報研 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活習慣の指導場面の検討 | トップページ | 6月の富山情報研 »