2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 基礎基本部会と授業力向上部会が校内研授業 | トップページ | 地図の読み方を習得する授業 »

2009年6月25日 (木)

道具箱を整頓する

 生活規律部会の全体研での指導場面公開。授業ではなく「指導場面」の公開である。従って、時間も10分程度。

 今回のテーマは、子どもが机の中に入れている、道具箱の整頓。ねらいは「よく使うものを取り出しやすくしまう」。たったそれだけのことだが、それを確実に指導するためには、実にたくさんの考えるべき点があり、指導の展開の工夫や使う言葉の厳選が必要になる。

 「何を入れておくべきなのか(最初の指導)」「どんな道具が使いやすいのか。例えば、持ち手の小さなはさみ、外観にはキャラクターがデザインされているがすぐに漏れてくるのりなど、不適切なものがないか。(次の指導)」など、道具箱一つとっても、指導場面にはいくつかのステップがある。

 指導する生活習慣や学習習慣を洗い出し、5~10分程度の指導場面を、たくさん洗い出すことができたら、それが、今年の研究の成果となるだろう。

 本年度、何が明らかにできるかを示唆してくれる、よい実践だった。

P1030068

« 基礎基本部会と授業力向上部会が校内研授業 | トップページ | 地図の読み方を習得する授業 »

コメント

こういった指導って、重要なのにバラバラで行われているように思います。まとめられることを楽しみにしています。

竹谷さん、こんにちは。コメントをすっかり放置していてすみませんcoldsweats01。(今でも、読んでいただけているのだろうか)
 
公開研が近づいて参りました。生活規律の指導に関しては、授業公開はありませんが、具体的な指導場面と指導法について、何らかの形で情報提供できればよいなと思っております。
 
お時間の都合が付けば、参観いただき、ご指導いただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基礎基本部会と授業力向上部会が校内研授業 | トップページ | 地図の読み方を習得する授業 »