2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 環境問題に関する本を読んだ2 | トップページ | 宿泊学習1日目 »

2009年9月15日 (火)

校内研で1年算数の授業

 授業力部会の公開授業。今回は、1年道下級の算数。「5-3+2」のような、3つの数の加減が入り交じった計算を学ぶ。

 前時までに、「バスに『のりました』」は足すこと、「バスから『降りました』」は引くことだという文章問題の意味や、「1+2+3」「4-2-1」のような足すだけ、引くだけの計算の仕方が、しっかり習得されており、本時は、それをしっかり活用した学習だった。

P1030570 P1030569

 本時で、わかったことは以下のようなこと。

  •  ブロックを使った、具体物の操作を繰り返し行うことで、数の概念がイメージとして獲得されていくこと。
     
  •  「5-3+2」から「10-3+2」のように、ステップがあがったときには、そこでも、ブロックで具体的な操作を体験させることが必要なこと。
     
  •  教科書の例題と、練習問題の間には、ステップがとんでいることがあるので、そこを教師が読み取って、ステップを埋めるような指導をすることが大事なこと

 それにしても、1年生の教科書は、行間に埋め込まれていることが多すぎてなかなかに読み解くことは難しい。

« 環境問題に関する本を読んだ2 | トップページ | 宿泊学習1日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 環境問題に関する本を読んだ2 | トップページ | 宿泊学習1日目 »