2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 倉垣小で総合部会研究推進委 | トップページ | あなたの勉強法はどこがいけないのか?(西林克彦) »

2009年10月25日 (日)

「木星」を演奏した

 学習発表会。5年生のステージは器楽合奏。The Boomの「風になりたい」と、イギリスの作曲家ホルストの名曲、「組曲『惑星』より木星」の2曲。

 前者は、今でもときどきカバーされるし、後者は、平原綾香が「ジュピター」というタイトルで大ヒットさせた、どちらも子どもたちには耳なじみの曲だ。

 

 とはいえ、前者は、ラテンのリズムののりやシンコペーションのメロディをつかむのが難しく、後者は、クラシックだけに曲の組み立てが難しくて、子どもたちはかなり苦労した。

 しかし、苦労した分に比例して、できあがったときの達成感は大きい。この日のステージは、指揮者(わたしです)との強い一体感のある、とてもまとまった演奏になったと思う。

 難曲を見事に作り上げ、大きな喝采を浴びた子どもたちは、大きな充実感と満足感に包まれていた。この達成感が、これからの自信につながっていってくれたらよいなと思う。

« 倉垣小で総合部会研究推進委 | トップページ | あなたの勉強法はどこがいけないのか?(西林克彦) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倉垣小で総合部会研究推進委 | トップページ | あなたの勉強法はどこがいけないのか?(西林克彦) »