2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 東京でプロジェクト会議 | トップページ | 2009年ありがとうございました »

2009年12月29日 (火)

ウェンディーズを見届けてきた

 ハンバーガーチェーンの「ウェンディーズ」が、年内をもって全店舗、営業を終了します。「すき家」のゼンショーが経営していましたが、業績の未来像が描けないことを理由に、店舗閉鎖を発表したのは、わりと最近のことです。マックが毎年業績を伸ばしているのとは対照的です。

 

 実は、わたしは、けっこうファストフード好きなのですが、このウェンディーズも、機会があれば入ってしまうチェーンの一つでした。

 お台場にある毛利館長の科学未来館(仕分けで有名になりましたね)へは、毎年のように行っている時期がありましたが、隣にあったウェンディーズには、いつもお世話になっていました。

 

 というわけで、時間のできたわたしは、別れを惜しむために、ウェンディーズへ行ってみることにしました。お昼は中華三昧だったので、おなかはいっぱいだったのですが、今日しかチャンスはありません。(別に義理もないのだけれど。笑)

 プロジェクト会議の解散後、会場から近くて、場所もはっきり覚えている渋谷店に向かいました。

Img_1111

 閉店が決まってから、訪れる客が増えていると聞いていましたが、渋谷店という場所柄もあってか、歩道にはみ出すほどの行列を作っていました。でも、さすがファストフード。さほど待たずに購入できました。

 

 スタンダードな「ウェンディーズバーガー(290円)」。トマト、レタス、オニオンスライスが、四角いビーフパテと一緒に挟まっています。

 ウェンディーズのパテは、四角い分だけ、他のチェーンよりも量が多めです。ジューシーさとパサパサ感がうまく同居しているところが、いかにもビーフ100%です。

 オニオンスライスは、臭みや苦みは全くありませんが、けっこう厚みがあって、かむとシャキシャキ音がします。ワイルドです。ちょっと粗野な感じがアメリカンだなと感じます。

Img_1114

 

 もう一つ、ウェンディーズならではのメニューが「チリ」です。豆のミートソース煮込みに、ホットなチリソースを加えていただきます。

 今日は、お昼にたくさん食べたあとなので、たしなむ程度にSサイズです。99円と、値段も優しいです。

Img_1112 Img_1113

 豆は、白インゲン、インゲンと何種類か入っているようです。辛めが気分ですが、Sのカップなので、ソースはそこそこに。ピリピリした辛さと、豆や肉の甘さの対比を楽しみました。

Img_1116

 この味が、もう食べられなくなるとは残念です。またいつか、「バーガーキング」みたいに復活するとよいのだけれど。

 

 ファストフードにおける「マクドナルド」のように、最近は、ある一つのチェーンだけが、突出して売り上げを伸ばし、他のチェーンは業績が伸びないことがよくあるようです。

 「ユニクロ」「ニトリ」「餃子の王将」などは、その代表例ですよね。 それらのチェーンが、業績を伸ばすために努力していることはよくわかりますし、自分も、それらの店を利用することは、少なからずあります。

 人には、集まっているところにさらに集まる傾向があります。とはいえ、ほかにもいろいろなチェーンがある中、一極集中になってしまうのは、人の多様性が失われているようで、何だか心配です。

« 東京でプロジェクト会議 | トップページ | 2009年ありがとうございました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京でプロジェクト会議 | トップページ | 2009年ありがとうございました »