2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 教材研究にもステップがある | トップページ | 泊まった方が安い »

2009年12月 5日 (土)

夜の浅草を散策

 勉強会のあとは、遠藤リーダー、モロッコから富山大学に留学しているアジズさんたちとともに、宮脇さんの案内で、浅草を散策しました。(と言っても、すっかり暗くなっていましたが。)。

 アジズさんは、高橋先生@富山大とともに、山室中部小を訪問されたことが2度あって、わたしとは、すでに顔なじみです。

 

 あいにくの雨でしたが、仲見世の江戸小玩具を扱っている店や老舗の天ぷら店など、知る人ぞ知る浅草を堪能できました。

 浅草寺は、今、平成大修理の最中のようでしたが、建物を覆うシートに巨大な龍を描いていて、観光に訪れた人をがっかりさせない工夫がなされているところはさすがでした。

Img_1036 Img_1038

 アジズさんは、かなり日本語がわかるようになっていて、英語と日本語を取り混ぜながら、楽しくコミュニケーションできました。英語の早口言葉を教えてもらいましたが、速い速い。彼の母国語はアラビア語で、第1外国語はフランス語。英語は、スペイン語と並んで第2外国語ですが、相当難しいことも、しっかり説明できる程度には使いこなしています。

 その上、日本語の早口言葉も堪能で、、「生麦生米生卵」などは、ネイティブ日本人のわたしたちに負けずとも劣らぬほどでした。あれは、きっと練習しているに違いない(笑)。

 

 アジズさんは、モロッコでは小学校教員であり、政府の交換留学制度に応募して富山大学にやってきました。きっと、帰国後は、自国の小学校教育の整備改善に大きな役割を果たすことでしょう。

 国の未来を背負ってやって来ている彼の、学びに対するアクティブな態度は、見習わなければならないと思いました。

 

 天ぷら屋さんを出る頃には、雨が上がっていました。みなさんとは、メトロの浅草駅で別れましたが、宮脇さんの案内で、ずっと昔から一度は行ってみたかった神谷バーに寄り道しました。レトロで素敵な空間でした。宮脇さん、最後までありがとう。

« 教材研究にもステップがある | トップページ | 泊まった方が安い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教材研究にもステップがある | トップページ | 泊まった方が安い »