2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鈴鹿の先生が学校を訪問された | トップページ | 教材研究にもステップがある »

2009年12月 4日 (金)

立ち読みページは学校Webサイトに

 実践事例集の購入をお勧めする立ち読みのページを、学校のWebサイト内に置きました。このブログをご覧の皆様には、近隣の方にもおすすめいただければ、幸いに思います。

 http://www.tym.ed.jp/sc112/2009/books/books.html 

 

 山室中部小学校は、パナソニック教育財団の特別研究指定を受け、「日常の授業における基礎的な学力向上のためのICT 活用指導法の開発」をテーマに、2年間の研究を重ねてきました。

 これまでの、研究の取り組みについては、以下の場所に関連記事が掲載されているので、感心がおありの方は、ご覧ください。

 http://www.pef.or.jp/activity/a07_katudou/download/yamamuro_080616.pdf

 http://www.pef.or.jp/activity/a07_katudou/download/yamamuro_081124.pdf

 「空気のように」ICTを使う(日本教育新聞社Web)

 全校でICT活用に取り組む(チエルWebマガジン)

 

 「わかる授業はじめの一歩 第2集」は、本校が取り組んできた、生活規律、基礎学習の時間、ICTを効果的に活用した授業の指導法について、オールカラー・38ページで、具体的に紹介した冊子です。

 本校のICT活用は、教科における一斉指導の中で、教員が使うところに特徴があります。

 公開研は終わりましたが、今でもすべての教員が、ICTを手放すことなく日常的に活用しています。そういう意味では、地に足の付いたICT活用を実践していると、手前味噌ながら自負しております。

 特別な場面で使うわけではなく、ありとあらゆる日常の場面で使う。本校では、ICT初心者だった教員ほど、よりよく活用しています。そのためのノウハウを、実践事例集に掲載しました。

 

 立ち読みのページをご覧いただき、気に入っていただけた方には、ご購入いただければ幸いです。よろしくお願いします。

« 鈴鹿の先生が学校を訪問された | トップページ | 教材研究にもステップがある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿の先生が学校を訪問された | トップページ | 教材研究にもステップがある »