2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 想像力を伴う表現を行うということ | トップページ | NHKで先導的教育情報化プロジェクト最終会議 »

2010年1月23日 (土)

学級崩壊に学ぶ(河村茂雄)

 河村氏には「学級崩壊 予防・回復マニュアル」という著作もあります。そちらが、図解入り見開きでイメージをつかみ、傾向と対策を考える風になっているのに比べて、本書「学級崩壊に学ぶ」では、学級崩壊に至る過程を具体的事例を基に、じっくりと書き込んでいるところに違いがあります。

 どのような傾向の担任の学級が、どのようなプロセスで崩壊に至るのか。それらの段階に応じて、どのような方法で再生していったらよいかについての手がかりを、本書から得ることができます。高学年から中学生にかけての、話がわかる発達段階にある子どもには、本書のような方法をとることが、有効なように思われます。

 もちろん、それぞれの実態もあることでしょうから、一概には言えませんが、学級崩壊に至る可能性が、誰にでもある以上、自分を推し量るもの差しがあるのは、大事なことです。少なくとも、自分には本書を読んで、自分の取り組みを振り返るところが、いくつもありました。

 学校全体で取り組む体制がなければ、崩壊を防ぎ、再生することは困難なようです。本書は、管理職の先生方に、読んだいただければいいなと、思った次第です。

 なお、「学級崩壊 予防・回復マニュアル」には、学級経営の診断チェックリストがあったり、具体的な場面に即した指導事例がトピック的に掲載されていたりと、こちらも、大変お役立ち本です。國香さんから教えてもらった本です。

 子どもへの発問指示や、集団づくりを促す指導のポイントなどが、端的に示されていて、より実務的で内容の濃い本だと思います。学級崩壊していない学級にとっても、学級づくりに有効な情報がたくさんありました。

« 想像力を伴う表現を行うということ | トップページ | NHKで先導的教育情報化プロジェクト最終会議 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 想像力を伴う表現を行うということ | トップページ | NHKで先導的教育情報化プロジェクト最終会議 »