2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 山西先生主催で祝賀会 | トップページ | 県外から来校者があった »

2010年1月14日 (木)

学年で研究の成果を検討した

 今年は、断続的に雪が積もります。年末年始の雪があらかた消えたかなというところで、再び寒気団が雪を降らせました。今日も、朝は、除雪から勤務が始まりました。

 積雪は、30cmと、かなりありましたが、ふかふかの新雪だったので、わりと短時間でよけられました。

 1年生の中には、「こんなにたくさん雪が降ったのは、生まれてから初めてだ。」と言っている子どももいるとか。かつての豪雪を知るわたしたち世代には、まだまだたいしたことのない雪なのだけれど、子どもたちにしたら、今年は、かなりの大雪なのでしょう。

 

 1月より、県の条例が変わって、勤務時間が15分間、短くなりました。給与を減額していることへの対策だと思われますが、そのため、研修会、職員会等の時間を確保することが、非常に困難となりました。

 そこで、1月の毎週木曜日を、短縮6限による運行とし、通常より早く放課になった時間を活用して、研修会、職員会を実施することになりました。

 本日は、その1回目でした。学年で、今年度の実践研究の結果、明らかになってきたことや課題について検討を行いました。これまで、部会では、さまざまな検討を重ねてきましたが、学年内で、研究について話すのは、初めてだったので、何だかとっても新鮮でした。

 研究以外にも、さまざまな情報交換ができて、有意義な時間になりました。

« 山西先生主催で祝賀会 | トップページ | 県外から来校者があった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山西先生主催で祝賀会 | トップページ | 県外から来校者があった »