2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「分かりやすい教え方」の技術(藤沢晃治) | トップページ | スモークマシンで煙中体験 »

2010年2月14日 (日)

読書のヒット率

 先日読んだ松岡正剛氏の「多読術」では、よい本に巡り会える率は、野球の打率と同じく3割程度だと書いてありました。まあ、生活のすべてを読書につぎ込む方なら、それでもよいのかもしれませんが、一般人のわれわれはなかなかなそうはいきません。時間もかかるし、お金もかかります。

 選択の段階で、自分の琴線に触れるかどうかでふるいにかけます。自分としては、その段階で10割を目指しています。しかし、読んでみると、あれ?っと思うものも、どうしても出てしまいますから、現在のヒット率は、7から8割程度だと自分では思っています。それでも、なかなかのものかな。

 その中には、シングルヒットもあれば、ホームランもあるわけです。読後感というものは、人によって違いますが、ホームランは素直に喜んで書くよう努めています。

 

 自分にとってよくなかった本は、途中でも潔く読むのをやめてしまいます。次の本にかかった方が、よっぽどよいと思っています。もちろん、Blogにも掲載することはありません。

« 「分かりやすい教え方」の技術(藤沢晃治) | トップページ | スモークマシンで煙中体験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「分かりやすい教え方」の技術(藤沢晃治) | トップページ | スモークマシンで煙中体験 »