2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「総合的な学習の時間と情報教育」 | トップページ | 地デジテレビが導入された »

2010年2月25日 (木)

総合的な学習部会の来年度の研究の重点を検討

 倉垣小にて行われた富山市小教研総合部会の目標分析研に参加しました。来年度の研究内容について検討するためです。

 研究仮説とそれをうけての研究の重点について、ホットな議論がありました。

 

 文部科学省は、総合的な学習の時間の趣旨や理念がこれまで十分に伝わっていないことを反省してきました。新学習指導要領では、総合的な学習を探究的な学習の時間と位置づけ、「よりいっそうの充実を図る」と明記されました。

 一方で、授業時数は削減されました。これは、総合で必要な思考力、判断力、表現力を教科で身につけることもまた明示されたからです。

 これまで、総合で身につけると考えられていた、他者に伝えるための表現力、課題に対して調べてまとめて伝える力の多くは、さまざまな教科のさまざまな場面で、習得し活用できるようになることが求められるようになりました。そのために、教科の時数増も図られています。

 教科で身につけた力を、それこそ総合的に活用し、自分の決めた課題をもとに自由に探究する時間が、総合的な学習の時間である、という位置づけです。時数は減りましたが、目的がよりはっきりした訳なのです。

 こういったことが、部会以外の多くの先生にも、できるだけ伝わっていけばよいなと思います。

« 「総合的な学習の時間と情報教育」 | トップページ | 地デジテレビが導入された »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「総合的な学習の時間と情報教育」 | トップページ | 地デジテレビが導入された »