2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

これだけははずせない!小学校社会科単元別「キー発問」アイディア(佐藤正寿)

 社会科の名人・佐藤正寿先生が、自分の実践を、発問という観点から切り取ってまとめた1冊です。

 読むだけならば、1時間もあれば読み切ってしまいますが、そのあと何年にもわたって、自分が実践する際の参考にできるという、ちょっと変わったタイプのとても貴重な1冊です。

 

 社会科の主要単元のキーになる発問が、端的にまとめられています。「国内に工場があるのに、なぜわざわざ海外に工場をつくって生産をするのか」といった具合に、子どもたちが学習したことを活用し、思考を働かせざるを得ないような発問がたくさん紹介されています。

 単元の全体計画ものっているので、どこに位置づく発問なのか、見通しを持って取り組めます。

 ただし、紙面が限られている以上、掲載されている展開や全体計画は「骨格」のみです。実際に実践に取り組む際には、その行間を埋めながら授業を進める必要があります。各章には、発問や授業の組み立てのポイント、活用したい資料が掲載されおり、それらが、行間を埋める指導のヒントになっています。

 来年度は、この本を熟読して、佐藤実践を追試してみたいと思います。

2010年3月25日 (木)

今日も校務分掌と学級事務仕事

 教室内の整備。学習会。コンピュータ室にICT機器を回収するための準備。午後は、パナソニック教育財団への最終報告書について、再度検討。その後、指導要録に取りかかる。

2010年3月24日 (水)

修了式だった、そして、電子黒板にさわってみた

 修了式。一年間が、終わってみればあっという間なのはいつものことです。

 

 午後は、この間設置された電子黒板の活用実践研修を行いました。富山市内の全小学校に導入されているので、異動する人も、しない人も、どのような活用ができるかのイメージを持っておいてもらうことが目的でした。

 チエルの英語フラッシュや、光村のデジタル教科書などを提示してみました。コンピュータ画面ではなく、ディスプレイで提示操作ができるので、作業は少しばかり容易になります。

 

 同時進行で、NTTが新プリンタの設置作業を行いました。現在のカラーレーザーは、職員・児童共有機でしたが、こちらは、職員専用機として活用する予定です。

 その後、人事異動内示がありました。異動する人もしない人も、校長室で面談です。

 そのあとは、もっぱら学級事務の時間でした。日直当番で校内巡視しました。朝の分の仕事は4月1日に行うことになりました。石黒先生と、松下の最終報告書について検討しました。

2010年3月18日 (木)

卒業式を支える

 今日は、卒業式でした。朝から天候が心配されましたが、雨が落ちることはなく、まずまずでした。

 5年生は、朝から各自の担当場所へ行き、最後の点検です。卒業生のみなさんをお迎えできるように、しっかり清掃したり、整頓したりしました。受付では、卒業生の胸に花をつけたり、来賓の方々を控え室まで案内したりできました。心を込めて準備し、お迎えしたことが、卒業生に伝わったでしょうか。

 卒業式は、滞りなく行われました。6年生は証書授与の際、一人一言ずつメッセージを言います。今の時点で持てる力を精一杯発揮する6年生の姿は、感動ものでした。呼びかけも素晴らしかった。

 それに応える、4,5年生の姿も立派でした。体育館中にこだまする合唱の響きは、とてもエネルギーに満ちていました。

 

 卒業式の練習が始まった頃、5年生の子どもたちは、実は大変おそれていました。何しろ、4年生は、中井先生の指導の下、この2年間毎朝歌を歌っていて、その声の大きさと美しさは、全校屈指でした。

 また、6年生は、昨秋オーバードホールで「手紙」を合唱披露した経験があり、その声のすばらしさも、子どもたちの十分知るところでした。そんな2学年にはさまれて、自分たちはちゃんと歌えるのか、子どもたちは大変心配していたのです。

 実際、初めて、4,5年生合同で練習したときには、萎縮してしまってしょぼしょぼの声しか出せませんでした。

 翌日から、朝の活動時に学年集まっての歌の練習が始まりました。しかし、こんなときには、いくら「声を出せー」と言ったところで、出せるはずがありません。

 そこで、最初は、子どもたちの不安に共感するところからはじめました。「4年生の歌声がすごいと思っている人」「一緒に練習してびびってしまった人」「自分たちがちゃんと歌えるか心配な人」。どの問いかけにも、ほぼ全員が挙手していました。

 

 そこで、わたしは、次のような話をしました。

 自分も、4年生の歌声は美しくて声量もあってすごいと思っていること。ぼくたちは、こんな風に歌えないと思う気持ちもわかること。しかし、4年生がすごいのは、当然なこと。何しろ、2年間もずーっと毎日練習し続けたんだから。

 君たちの歌声が、4年や6年に引けをとらないこと。なにしろ、連合音楽界での歌声をはとても素晴らしかったのだから。ただし、練習がまったく足りないこと。でも、君たちが本気で練習したら、3日で4年に追いついて、4日目には、4年を追い抜くであろうこと。そのときには、4年生から尊敬を勝ち得るであろうこと。

 現時点で、4年生は「5年よりもできる」という自負を持っているだろうから、それを覆すことができれば、来年度は、最高学年として君臨できること。自分たちが2年かけて培ってきたことを、たった数日でやり遂げる上学年がいたら、それはもう尊敬するしかないこと。

 にわかにやる気を見せた子どもたちに、あとは、少しの指導をするだけで、数日間でめきめきとボリュームも声の揃い具合も5年生らしいものになっていきました。

 そして迎えた卒業式当日。声もよく伸び、声量はときには、4年生を凌駕しました。4年生の低音部と見事なバランスのハーモニーをつくることができました。この数日間の伸びを、4年生のみなさんも、感じてくれたことと思います。

 

 さて、卒業式の後は、体育館の片付けです。保護者の方が退場されると同時に、5年生全員で、一気に片付けに入りました。ものの20分で、すべてが片付きました。これは素晴らしい。とっても頼もしい5年生の子どもたちでした。

2010年3月17日 (水)

卒業式前日準備

 明日は、卒業式です。今日は、先生方と一緒に、5年生が総出で、明日の卒業式の準備を行いました。

 6年教室や保護者控え室(1年教室)の飾り付け、会場の清掃と設営、受付の準備など、子どもたちはそれぞれの役割をもち、精一杯準備を進めました。

 今日の合言葉は、「わかりました」「はい、喜んで」。何かを頼まれると、ニッコリ笑ってそう返事をするのが約束でした。仕事が終わっても、次の仕事を探して歩き回る姿もたくさん見られました。先生方の評判も上々でした。一緒に仕事していてとても気持ちよかった、と何人もの先生方から、うれしい言葉をいただきました。

 

 大変真剣に取り組んだので、予想していたよりも早くに準備を終えることができました。仕事をやり終えた充実感でいっぱいの表情の5年生でした。

2010年3月13日 (土)

CECのフォーラムとマイタウンマップコンクール表彰式

 台場の国際交流館にて、CEC主催の教育の情報化フォーラム。マイタウンマップコンクールの分科会でパネルセッション。コーディネータは村川先生@鳴門教育大。他のパネラーは、石堂先生@昨年度の総理大臣賞受賞、井上先生@今年のマイスターとわたし。

 Webによる情報発信が、子どもや教師の力をどのように伸ばすか、地域にどう影響を及ぼすかを討論する機会であったが、みなさん話しすぎで討論するまもなく終了。ちょっと残念でした。

 午後は、マイタウンマップコンクール表彰式。マイスターの認定を受けました。終了後は、フジテレビへ移動。18階の社員食堂は、レインボーブリッジ側が一望できる絶好のロケーション。普段は、芸能人も出入りしている社食での懇親会に、テンションがあがりました。

P1010458

 終了後は、お台場散策。最終便で富山へ戻りました。

2010年3月12日 (金)

大井町で調べ学習

 今日は、卒業式の練習もなく、一日じっくり授業モードでした。もっとも、午後からは、家庭科で、白玉団子を作って会食をしたので、準備から片付けまで、かなりの活動がありました。楽しみながらも、しっかり協力して取り組めたようです。

 退勤時間になったので、早々に、職場を辞して、18時の便で東京に向かいました。明日の、教育の情報化フォーラム、マイタウンマップコンクール表彰式に参加のためです。

 明日の会場は、お台場です。最近常宿にしている大井町からは、りんかい線で二駅。というわけで、今回もヴィアイン東京大井町に宿泊です。

 いつもより早い時間についたので、周辺を調べ学習してみました(笑)。大井町周辺には、昔ながらの小路の両脇にぎっしり飲食店の並んでいるところがありました。なかなか、昭和な雰囲気です。

Hi380302

 夕食はこの一角にある中華料理店「永楽」のラーメンです。ネットの口コミが一番多い店でしたが、それだけになかなかインパクトのあるラーメンでした。

 煮卵、チャーシューと予想より多めのもやしがトッピングされていました。普通のラーメンでこれなら、もやしそばってどんなのでしょう?

Hi380300

 特筆すべきは麺とスープです。細めのきしめんといった風の平らな麺には、初めてお目にかかりました。スープには、焦がしネギを漬け込んだ油が使われていて、香ばしさと甘みを演出してくれました。

 いずれも、これまで食べたことのない、初めての味でした。いやはや、なかなか興味深い。最近ダイエットしていたのに、想定以上にしっかり食べてしまいました。

2010年3月11日 (木)

年度末モードでひた走る

 もうすぐ卒業式です。それが終われば、修了式も間近。年度末に向けて、学校も学年も学級もひた走ります。

 今日は、体育館のワックスがけのために、学年全体で片付け、清掃を行いました。4組は、最後に登場ということで、全員でぬれ拭きです。みんなよく働いたので、あっという間に終わりました。

 残った時間で、会議室の机等を運び出して、ワックスをかけやすくしました。よく働く子どもたちに感心したひとときでした。

2010年3月 7日 (日)

北陸三県教育工学研究大会石川大会

 金沢大学で開催された、「北陸三県教育工学研究大会石川大会」に参加しました。

 「学校の情報化の促進を意図したICT活用環境と教員研修の工夫」というタイトルで、山室中部小の情報化がどのように進んできたか、情報化を促すために情報主任としてどのような工夫をしたかについて、報告しました。

 中條さん、中野さん、宮﨑さんの発表がありましたが、それぞれに得るところがあり、参加してよかったと思いました。

2010年3月 6日 (土)

ウエイトコントロールその後

 ダイエットを始めて2か月が過ぎました。その間、だいたい6kg減量しました。これは画期的なことだ(笑)。ピーク時からは、12kg減です。でも、その頃のわたしとは、見た目にはあんまり変わっていないかも。

 考えてみると、今の体重は、富山大学に内地留学して、堀田先生や高橋先生と出会った頃と同じくらいではないかと思います。この10年ほどは、体重的にも激動だったのですね。

 自分としては、あと、3kg絞るのを目標にしています。達成するには、まだまだストイックな日々が続きます。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »