2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 学習参観と学年懇談会 | トップページ | けっこう減っている »

2010年4月24日 (土)

今年度の研究の方向性を検討した

 午後は、校務運営委員会、全体研修会、アクションプラン委員会、職員会議と続きました。

 今年度の研究の方針について、検討しました。基礎基本のモジュール、生活規律の系統的な指導法の研究など、本校の特徴的な研究は、そのまま、維持されることになりました。

 昨年度までの研究を継続しつつ、習得したことを活用した学習の指導法に焦点を当て、学びあうことや体験的な活動を伴う学習活動を取り入れながら、研究を発展させることになりました。

 また、研究の主題や仮説から「ICT」という言葉がとれました。といっても、「黒板を活用した」という言葉など、研究主題につくことがないのと同列に、ICTを日常的に活用することは前提になっています。

 スタッフが若干入れ替わった今、新しく来た人に、本校の実践の思想をどのくらい伝えることができるかが、今年一年の大きな課題だと、わたし自身は思っています。

 一連の会議の後は、学年で、運動会の競技について検討を行いました。GWがあければ、運動会は目前です。

« 学習参観と学年懇談会 | トップページ | けっこう減っている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学習参観と学年懇談会 | トップページ | けっこう減っている »