2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 個別懇談会が始まった | トップページ | 個別懇談会2日目 »

2010年7月27日 (火)

富山市情報モラル研修会

 今日は1日、富山市情報モラル研修会の講師を務めました。富山市の全小学校から1名ずつ参加の悉皆研修でした。

 半日ずつ、2回に分けて、同じ研修を行いました。参加者は、午前と午後で入れ替わります。強制的に派遣されてくる人もいるわけで、結構アウェイ感のある研修です。

Img_1753

 昨日の研修会では、最初に、模擬授業で「事例で学ぶNetモラル」活用をイメージしてもらいました。授業者は、藤ノ木小の田中先生でした。ここで、バトンタッチし、以下の演習は、自分の進行で進みました。

 演習1では、クリップを3本見てもらい、中心発問、児童の反応、その教材で教えたいこと
の3つを押さえました。

Img_1756

 演習2では、まず、各自で、授業をしてみたい教材を一覧表のタイトルだけを見て選択しました。次に、グループ全員で各自が選んだ教材を見た上で、1つの教材を選択し、授業の流れを検討した後、近隣のグループで、模擬授業風に発表しあいました。

 途中途中で、わたしが、情報モラルの授業の目的や授業のポイントを整理する、という流れで研修が進みました。

 

 3時間で8本~10本ぐらいのクリップを見、しかも、具体的に授業のイメージを持つことができたようです。「学習参観で実践してみたい」「これなら自分にもできそうと思った」といった感想をいくつもいただきました。

 「みなさんは、それぞれの学校で、Netモラル教材に一番詳しい人になったはずです」
という言葉には、苦笑いしながらもうなずいていました。

 

 研修を仕組むに当たって、高橋先生のところに行って進め方のアドバイスをいただきました。おかげで、かなり高い顧客満足度を得られたようです。高橋先生には、毎度のことながら、ホントに感謝いたします。

 情報モラルの研修というと、コンピュータをガシガシ使うというイメージで参加した人が多かったようですが、昨日の研修では、コンピュータは、教材を選択する時に、各グループで1台起動しただけでした。 

 教材の見方研修ではなく、授業の構想の仕方の研修になっていたところも、先生方に受け入れていただけた理由の一つではないかと思います。

« 個別懇談会が始まった | トップページ | 個別懇談会2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個別懇談会が始まった | トップページ | 個別懇談会2日目 »