2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010夏の自由研究・東京散策1 柴又帝釈天を見た | トップページ | 社会科部会の事前研に参加した »

2010年8月 6日 (金)

2010夏の自由研究・東京散策2 寅さん記念館を見てみた 

 寅さん記念館は、葛飾区が運営している施設のようです。今回を逃したら、きっと行くこともないと思って、訪れることにしました。

 

 帝釈天からは、10分ばかり離れたところにありました。でも、案内表示が各所にあるので迷うことはありません。

Img_1864 Img_1865

 途中に、昭和初期の名家を保存した施設がありました。ここを通り抜けると近道のようです。

Img_1866 Img_1867

Img_1872 Img_1871

Img_1870 Img_1873

 見る角度によって、さまざまな表情をもった家屋でした。庭には、防空壕の跡などもあったり。

Img_1869_2 Img_1868

 

 そしてたどり着いたが「寅さん記念館」です。江戸川の堤防の斜面を利用してつくられていました。だから、屋上が芝生広場になっていて、そのまま堤防道路とつながっているという、不思議な造りです。

 屋上からは、帝釈天方面を見下ろすことができました。

Img_1874

 

 ここからエレベーターで下りると入り口です。早速入場してみましょう。

Img_1888 Img_1887

 まずは、エントランス。撮影シーンの再現風です。

Img_1876

 奥へ進むと、幼少期からテキ屋となって全国を彷徨うようになるまでの寅さんの生い立ちを見せる模型劇場や、移築された撮影で実際に使ったセットなどがありました。

Img_1877 Img_1880

Img_1879 Img_1881

Img_1882  Img_1884

 床の傷も当時のまま。もはや、歴史と化しているようです。

Img_1885 Img_1883_2

 柴又帝釈天前参道を再現した模型。遠近感を考えて、奥ほど小さく造ってありました。

Img_1886

 

 出口に向かう通路には、寅さんに競演した女優のみなさんの大きな写真がぎっしり。包み込むように見送ってくれます。

 竹下景子さんが3回も違う役で登場していることに、へーっ、と思いました。そんな竹下さんも、今やすっかりおばあさん役が板についてますからね(by サザエさん・ゲゲゲの女房)。月日は流れるのだなと実感した次第です。

 

 記念館は、自治体が広告代理店にプロデュースをまかせたときにありがちな造りの博物館でしたが、寅さんにはさほど関心のなかったわたしでも、それなりに楽しめました。ファンならば、さらに楽しめることでしょう。

 

 記念館をあとにしたわたしは、一路、矢切の渡しに向かいました(つづく)。

« 2010夏の自由研究・東京散策1 柴又帝釈天を見た | トップページ | 社会科部会の事前研に参加した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010夏の自由研究・東京散策1 柴又帝釈天を見た | トップページ | 社会科部会の事前研に参加した »