2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« データを軽くする1日 | トップページ | 店の中に石畳 »

2010年8月17日 (火)

室津は魅力的な港町

 午前中は、出しそびれていた残暑見舞いを作成しました。職場に寄り道して、ベランダの稲の世話をした後、一端帰宅して荷造りを完成させました。

 

 午後からは、長期出張研修のスタートです。といっても、研修自体は明日からなので、今日は移動日です。

 JRの移動にかなり時間がかかるので、今回は、DVDを用意しました。まずは、シャマラン監督の「ハプニング」です。緊迫感のある映画で、眠くなることなく集中できました。見終われば列車は福井付近。いつもならこの先が長いのですが、今回は、さほど長さを感じることなく、新幹線に乗り継ぎました。

 

 18時頃、相生駅にて堀田先生と合流し、今宵のホテルに、まずはチェックインです。清久さんご推薦のホテル万葉岬は、瀬戸内の風景を一望できる素敵な宿です。

P1010583P1010585 

 その後、清久さん、丸山さんの案内で、御津の室津地区にあるお店で、瀬戸内のおいしいところを堪能しました。富山では、見られない魚にいくつも出会いました。その一つ一つが、富山では味わったことのない美味だったりします。

P1010592 P1010595

 室津には、かつて、竹久夢二が長逗留した宿があります。独特の風情が心地よい港町です。夢二が長逗留したくなった気持ちがよく分かります。

P1010593 P1010591

 予備知識なしで訪れたから、この室津地区の想定外のすばらしさには、大変感激しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E6%B4%A5

 江戸時代には、九州の藩から参勤交代するときに、室津の港に上陸して、そこから山陽道を江戸に向かったのだとか。そういう歴史の古さに根ざした気概が、町並みにも、庭先の木々の手入れ具合にも、一つ一つに感じられました。

P1010588 P1010594

 絵のような風景というのは、こういうのを言うんだろうな、と思わせる港と町並みです。いやはや、まったくもってすばらしい。

 このような素敵な場所に案内してくださった清久さん、丸山さんには、感謝感謝です。

« データを軽くする1日 | トップページ | 店の中に石畳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« データを軽くする1日 | トップページ | 店の中に石畳 »