2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010夏の自由研究・東京散策2 寅さん記念館を見てみた  | トップページ | 学年部会とフラッシュ型教材のワークショップ研修 »

2010年8月10日 (火)

社会科部会の事前研に参加した

 今、時刻は真夜中ですが、外では蝉がジリジリ鳴いています。今年の夏は、授業のあった期間はやたらと暑く、その割には蝉の鳴き声が少ないなと思っていましたが、8月の声を聞く頃から、ようやく蝉の声が響き渡るようになりました。最もそのおかげで、いっそう暑さが募ったりするわけですが・・・。

 

 今日は、特休でしたが、職場にて、大津賀さんが9月に行う小教研社会科部会授業研究の事前研が行われるということだったので、部員ではありませんがお邪魔することにしました。

 参加されていたのは、運営委員のお二人だけでしたが、単元構成から、本時の組み立て、発問まで、細部にわたってアドバイスをいただいていました。

 社会科部会は、自分が総合部会に入る前に所属していた部会です。部会を離れてから、ずいぶん経ちますが、最近の社会科部会の空気のようなものは、今日の話し合いでつかめたような気がしました。

 

 大津賀さんは、「情報社会とわたしたちのくらし」という単元で、研究授業を行います。この単元は、新学習指導要領と現行要領とでは、内容がずいぶん変わっています。

 これまでの情報の単元は、テレビ局を中心とした情報産業の仕事内容を理解することが中心でした。新指導要領では、情報を生活に生かすという視点で、地デジに象徴される情報産業の変化や、インターネットや医療、図書館などの情報ネットワークの活用など、情報化に伴う社会の変化を相当織り込んでいます。

 来年度から使われる新教科書も参照しましたが、東京書籍でも、教育出版でも、インターネットでの情報発信や、メディアリテラシー、個人情報の保護などの情報モラル的な内容まで、これまで情報教育の内容として示されてきたことに、かなり踏み込んで記述してありました。

 従来の社会科の枠からは、かなり踏み出した内容にも見受けられる単元ですが、そこに挑戦しようと試みている大津賀さんを、できる限り応援したいと思います。

 

Img_2002

 帰り道に撮影した、体育館の様子です。

 本校の体育館は、新築に伴い、旧体育館を取り壊している最中です。ステージ側の壁面がすっかり取り払われ、床部分もすっかりなくなっていました。

« 2010夏の自由研究・東京散策2 寅さん記念館を見てみた  | トップページ | 学年部会とフラッシュ型教材のワークショップ研修 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2010夏の自由研究・東京散策2 寅さん記念館を見てみた  | トップページ | 学年部会とフラッシュ型教材のワークショップ研修 »