2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

日本は世界5位の農業大国(浅川芳裕)

 日本の農政を豊富な資料を基に批判した1冊。

 今の政権が進めようとしている所得保障制度は、作らなくても赤字を補填する制度だから、場合によっては請負っている土地を取り返されることになって、農業会社が困ることになるのではないかという危惧を持っていたが、同じようなことが書かれていて「やはり」という思いを強くした。

 

 我が国の農業は決して衰退産業などではなく、生産額は世界5位を誇っていること。
 GDPの落ち込み具合に比べて、農業GDPは、ずっと高順位を維持していること。
 農業人口の減少は、先進国に共通しており、優良な農家だけが残る過程に過ぎないこと。
 農業人口の占めるパーセンテージはフランス、アメリカといった農業大国と変わりなく、むしろまだ日本の割合の方が高いこと。
 日本の農業生産の多くは、優良な農業経営によって生み出されていること。
 なのに、現政権の所得保障は、生産額自体は少ない趣味的な農家(筆者は疑似農家と表現)を対象にしていて、健全な農家を圧迫すること。
 一足先に自由化した、果実、肉牛の生産農家は、国際競争力を持ち付加価値の高い生産を行っていること。
 
 等々、これまで農業に関して常識として言われてきたことが、ことごとく誤りであることを、データを駆使して説明している。

 

 自給率云々を国是としているのも日本だけであることや、イギリスなどは、むしろ真っ向から自給率を喧伝することのナンセンスさを論じていることなども明らかにされる。

 単に批判するだけではなく、どのようにしたら日本の農業が発展していくか、そのときに、農政が果たす役割が何かも、合わせて論じているのがよい。国内外の実情に関する豊富な知識に裏打ちされた主張には納得できることも多かった。

 

 自給率の出し方にはあまり意味がないと、近年のマスコミでも取り上げられることがあるが、そのからくりも分かりやすく示されている。日本の農政の有り様を鎖国的、自虐的と断じ、補助金農政をやめることが日本の農政の発展につながるという主張からは、これまでとは違った農業の見方を示唆された。

 筆者は月刊誌「農業経営者」の副編集長。これまでは、主流の考え方ではなかったのかもしれないが、本書が講談社の新書に入っているということは、一定の合意を得られるようになってきたということか。

2010年9月25日 (土)

9月の情報教育研究会

 富山大学の高橋研究室にて、富山情報教育研究会の9月例会がありました。今回は、笠原さん@群馬、三田さん@パナソニック教育財団がゲスト参加されました。

 今日は、「フラッシュ型教材の意図的・計画的な活用」夏休みに高岡市の情報教育研修での石黒先生のお話をはじめ、5件の発表がありました。

 いつものように、だるだるな展開でしたが(笑)、それでも、中身の濃い討論がありました。

 その後は、笠原さんも交えて懇親会でした。食べ過ぎましたhappy02

2010年9月20日 (月)

第26回日本教育工学会全国大会に参加した

 日本教育工学会の第26回全国大会に参加するために、名古屋へやって来ました。日帰りなので、5:00頃発のJR特急「しらさぎ」で富山を発ち、会場の金城学院大学に着いたのは、9:00過ぎでした。

 ベッキーコンサートも気になりましたが、日が合っていないので、今日は学会のみの参加です。

SN3L0008

 金城学院大は、中心部から少し離れた丘の中腹にある、瀟洒なキャンパスをもった大学です。

SN3L0009 SN3L0010

 学会の会場となった校舎には、あちらこちらに、デザインチェアが作者のプロフィールとともに飾られていました。富山県立近代美術館には、近代のデザインチェアコレクションがありますが、それに匹敵する感じでした。

 ときどき座って休んでいる人がいましたが、あれは、大丈夫だったのだろうか?(笑)。

SN3L0011

 日本教育工学会全国大会は、教育の情報化を司る関係学会の中でも、最も大きく最も重要な学会です。最近の動向や今後の進む方向を占う上で、この学会に参加することには、大きな価値があります。

 わたしが参加したのは、3日間の日程の最終日のみでしたが、以下のような発表を聞くことができました。

 

情報教育(2)

  • 3a-204-01
    「学校の情報化」に向けた管理職に対するアンケート調査
    ○新藤 茂 [東京学芸大学], 伊藤 一郎 [東京学芸大学]
  • 3a-204-02
    2011年度からの小学校教科書における文字入力やインターネットについての検討
    ◎藤澤 大 [朝日大学]
  • 3a-204-03
    小学校低学年における情報活用の実践力を育成するための情報教育カリキュラムの開発
    ○山之内 恵美 [上越教育大学]
  • 3a-204-07
    実体験を基にした情報モラル学習に関する研究
     -小学5年 総合的な学習「文字では気持ちが伝わりにくい」の事例を通して-
    ○長谷川 春生 [兵庫教育大学], 久保田 善彦 [上越教育大学]

 

教科指導におけるICT活用

  • 3a-306-05
    ハイビジョンを活用した体育バスケット授業実践と効果
    ○中島 公洋 [人吉市立人吉西小学校], 山本 朋弘 [熊本県教育庁], 中川 一史 [放送大学], 清水 康敬 [東京工業大学]
  • 3a-306-06
    算数「分数」でのLMSのテスティング機能を用いた学習フォローの実践と評価
    ○山本 朋弘 [熊本県教育庁], 苣木 禎史 [熊本大学], 宇佐川 毅 [熊本大学], 清水 康敬 [東京工業大学]
  • 3a-306-10
    学習者が発表する場面で電子黒板に書き込む効果
    ◎中橋 雄 [武蔵大学], 寺嶋 浩介 [長崎大学], 中川 一史 [放送大学]
  • 3a-306-11
    プレゼンテーションソフトを活用したプロジェクタ投影型教材に対する教師の教材評価の視点
    ◎中原 久志 [兵庫教育大学附属中学校], 上之園 哲也 [兵庫教育大学], 森山 潤 [兵庫教育大学]
  • 3a-306-12
    文部科学省「教育の情報化に関する手引」の第3章「教科指導におけるICT活用」のイメージ化のためのパンフレットの開発
    ○堀田 龍也 [玉川大学], 高橋 純 [富山大学], 笠原 晶子 [前橋市立桂萱東小学校], 土井 国春 [東みよし町立三庄小学校]

 

SN3L0013

 口頭発表の他、ポスターセッションも行われていました。発表者との距離が近く、内容を具体的に聞くことができて、こういうスタイルの発表もいいものだと思いました。わたしが足を止めたのは、豊田さん@和歌山大のポスターでした。

  • P3a-405-03
    情報化の進捗度を具体的に示す「学校情報化チェックリスト」の開発
    ○豊田 充崇 [和歌山大学], 野中 陽一 [横浜国立大学] 

 パナソニック教育財団の一般研究助成校を対象に、教員のICT活用指導力がどのように向上したかを調査した研究です。助成による実践研究が、教員のICT活用力をのばしているのだということが、具体的なデータを基に示されていました。

 きっかけさえあれば、教員の多くはICT活用力をのばすのであって、どうやってそのきっかけを生み出すかが、学校現場の課題なのではないかと思いました。

 

 午後は、課題研究5「初等中等教育におけるICT活用」に参加しました。4件の発表の後、高橋先生@富山大の進行で、討論が行われました。途中、議論がやや拡散気味になりましたが、堀田先生、野中先生の発言で、議論がぎゅっと引き締まりました。

 堀田先生の「ICT活用の頻度が上がると、学校をサポートする人が必要になる。でも、ICT活用が起こらないと予算が付かない。」「普及は研究なのかという議論があるが、普及のさせ方は研究になると考えている。」という趣旨の発言が、特に印象的でした。

 

 全体的に、現場の実践者の発表が減っている、そもそも小学校におけるICT活用の研究発表が少ないという印象がありました。また、情報教育に関する発表に、次の指導要領をふまえているとは思えないものがあったことも気にかかりました。

 かくいう、自分も発表をしていないわけで、研究的実践という視点で、教育の情報化の普及を図る方策をもう一度考えねければいけないなと思った一日でした。

SN3L0014

 名古屋駅を18:20発の新幹線に乗り、米原でしらさぎに乗り換えて、9:30頃富山に着きました。日帰りはきつかったけれど、感じることの多い一日でした。

名古屋にやってきた

 朝5時の「しらさぎ」に乗って、名古屋にやってきました。教育工学会全国大会に参加するためです。会場は、金城学院大。とても施設の整った大学です。こういう環境で学ぶことができれば、いいよなぁ。

 詳細は、後ほど。

道徳は教えられるか(村井 実)

 西田先生@千葉が、某ML上で「年末年始に読み返す本」として推薦されたのを読んでみました。

 道徳で教える内容と方法が三重構造を持つことを、具体的に事例を挙げて説明してくれます。何を教えて何を考えさせるが整理されていて、初めて腑に落ちたことがたくさんありました。

 道徳指導の基礎知識として、知っておいた方がよい内容が満載でした。

 でも、ずーっと覚えているにはちょっと難しいので、機会があるたびに読み返す、といわれた西田先生の言葉には、とても納得でした。

2010年9月19日 (日)

緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす(田原総一朗)

 大変、扇情的なタイトルだけれど、デジタル教育に触れているのはほんの一部で、しかも、田原氏が憂えているのは、「デジタル教科書の導入」。

 デジタル教科書でチャットやツイッターなどのネットコミュニケーションを取り入れても、子供たちのコミュニケーション力を育てることにはならない、というのは、確かにその通りだと思うし、デジタル教科書で正解を切り取って教えるのではなく、リアルに人と人で関わり合って議論する力を高めよという主張には、とても納得ができます。

 でも、一部を切り取って、「デジタル教育」とひとくくりにしているのは少し乱暴で、氏の影響力を考えるともう少しタイトルの言葉を選んでほしいものだとも思いました。

 

 本書は、デジタル教育に関してよりも、中曽根内閣の臨教審以降の教育改革の動きを大変分かりやすく整理してくれているところが、とても参考になりました。政治的背景によって、文部科学省の方針や学習指導要領の内容がどのように影響を受けてきたかが、端的に分かります。

 「教育改革は、実証されている当たり前の技術、確かな方法でやろう」という、著者の主張には、大きく頷けるところがありました。

小学校低学年~高学年 新しい体育の教え方・練習プログラム(下山真二)

 体育本をもう一冊。こちらも、小学校でよく指導される運動のはじめの一歩の指導を示した、「体育の教科書」と同じコンセプトの一冊です。

 ただしこちらは、全編写真になっているし、種目も、かけっこ、逆上がり、二重跳び、とび箱、側転、球技とかなり絞ってあるので、その分だけ「コツ」がより具体的に、かつ詳しく示してあります。

 こういう指導をおろそかにしないで続けていけば、子供たちの身体能力も高まることでしょう。

体育の教科書(NPO法人CSP)

 例年、春になると、50m走、ソフトボール投げ、立ち幅跳び、反復横跳び、20mシャトルランなどの運動能力を測定します。種目は、文部科学省で示されていて、全国平均も出されているので、自分の力が相対的にどのくらいかを見比べることもできます。

 ソフトボール投げや反復横跳びは、結構苦手にしている子どもがいるのですが、それらの子どもに具体的にどうのような練習をするとよいかは、なかなか難しいところがありました。この本には、それらの種目に対応して、それぞれどのような指導をしたらよいかを、ワンポイントずつ写真やイラストを使って説明してくれます。握力の指導もあって、なかなか細かいです。

 そのほか、鉄棒、マット、縄跳び、水泳のはじめの一歩の指導や、あろうとか、小学校入学前に鍛えておくとよい基本の動き(ケンケン、4つんばい)なども示されています。

 この本の指導を組み合わせることで、体育の前提となる基礎的な身体能力を高めることが可能になると思いました。

2010年9月17日 (金)

学校訪問研修会のまとめを校内研で発表

 本校で13日に行われた学校訪問研修会の、部会協議で話し合われたことを共通理解するための全体研修会がありました。

 自分は高学年部会のまとめを報告することになっていたのですが、レジュメだけでは、文章も多く伝わらないだろうなと思って、プレゼンを作成して研修会に臨みました。協議会で出た話の中から、汎用性の高い内容を中心にまとめてみました。

 

 学校訪問研の部会協議は、お互いの授業を見ていない状態で話し合うため、話し合いの焦点を明確にし、お互いにそれに絡み合うように意識しないと、深まりません。

 司会の石黒先生のコントロールも絶妙で、高学年部会の協議は、お互いの役に立つ知見を得られる、意義深いものになったように思います。

 

 せっかくなので、作成したプレゼンを掲載しておきます。もともとは校内向けだし、短時間でつくったので多少の不備もありますが、その辺りは割り引いてご覧ください。

「高学年部会・協議のまとめ」をダウンロード

2010年9月16日 (木)

校外学習で富山新港火力発電所を訪れた

 昼食には環水公園を予定していましたが、朝から小雨が降ったり止んだりだったので、場所を富山市総合体育館に変更しました。3つの見学先からここに集まってきたのですが、ほぼ同じ時間に集合することができました。


 午後は、総合的な学習のために、全員で富山新港火力発電所の見学に向かいました。

P1020496

 5年生のテーマは「エコで支えるわたしたちのくらし」です。

 1学期の総合では、自分たちを取り巻くエコや省エネの取り組みにはどんなことがあるのか、なぜエコや省エネに取り組むのかといった内容について調べていました。子どもたちなりに、自分たちを取り巻く環境の変化や自分たちにできることについて、まとめることができました。

 ところが、子どもたちに、「省エネ」の「エネ」とは何かを尋ねてみると・・・。エネルギーの省略だということは分かっても、エネルギーとは何を差すのかについて、意外と分かっていないことが分かりました。

 エコ活動や省エネは環境にいいらしいということは、何となくつかめているのですが、具体的には、何をどう減らすことがどう環境によいのかについて、十分つかめていないことが分かってきたのです。これは、由々しきことです(^_^;)。


 エネルギーとは、物体を動かすもとになる力のことです。わたしたちは、石油、石炭などの化石燃料を燃やしたり、そこから得られる2次エネルギー・電気を使ったりしながら暮らしています。

 この他にも、水力、太陽光、地熱のような自然エネルギーなど、エネルギーはわたしたちの豊かな暮らしを支える最も根本にあるものです。これらに関する理解がないまま、いくら「省エネ」を唱えても、そんなものは絵に描いた餅にしか過ぎません。

 2学期は、自分たちがくらしで使っている電気エネルギーがどのように作られているかを自分の目で観察することによって、エネルギーを活用するためには巨大な設備が必要なことや、多くの人がわたしたちのくらしを支えるために働いていることに気付くことから学習をスタートさせることになりました。

 

 「エコに取り組もう」と言う前に、そもそも、これらのエネルギー産業がどのようにわたしたちのくらしに役立ち、それらとエコ活動がどうつながるかについて、根本的に理解することが、自分たちの未来を考えることにつながることでしょう。


 発電所内では、学年を半分に分けて見学を行いました。わたしは、前半に構内を回り、後半にはPR館でビデオを見るグループを引率しました。

 構内には、危険箇所もあるので、バスで回ります。直接見ることができないのは残念でしたが、広大な敷地に巨大な設備がたくさんあることは実感できたようでした。

P1020584 P1020593

P1020592 P1020588

 次に、貯炭所へ向かいました。ここは、バスを降りて見学できます。

 巨大な山に積まれた石炭は、約80日間発電できる量があるそうです。風で石炭が飛ばされないよう工夫された防風壁で囲まれていました。風は抜けるけれど、石炭が飛ばないように、穴の大きさや形状が工夫された防風壁でした。

P1020715 P1020718

P1020720 P1020721

P1020723

 後半は、火力発電の仕組みについてビデオで学びました。展示コーナーでは、掘り出された状態の大きな石炭も見ることができました。

P1020724 P1020732

 大きなトラブルもなく、無事に校外学習は終わりました。


 午前中のように、見学先を選択して行う校外学習は初めてでしたが、それぞれの場所で適正人数で見学できるので、うちのように大規模な学校では、こういう方法もいいものだと思いました。

 

 それにしても、今朝の天気予報の降水確率は午前も午後も70%だったけど、午前から昼食にかけて少しポツポツときたくらいで、結局一度も傘は差さずじまいでした。午後の貯炭所の見学時には、アスファルトが乾いていたくらい。

 あの予報でこの天気ならばまずまずです。いやぁ、まったくもって運がよい。

校外学習でNHKを訪れた

 校外学習。午前中は、NHK富山放送局、BBT、北日本新聞越中座と、3つのグループに分かれて、情報産業に携わる人々の仕事の様子や苦労を、見学を通して学びました。自分は、NHKグループの見学を引率しました。

 

 放送局には約束の時刻よりも早く着きましたが、子どもたちは、大変静かに待機していました。見学中も、とても真剣に話に耳を傾けていました。その態度は、とても立派でした。

P1020708 P1020643

P1020644

 エントランスです。受付のお二人が館内を案内してくださいました。ここへは、いつでも自由に入れますが、ここから先へは、案内がないと入れません。

 

 最初は、ラジオブースです。一人一人、放送席に座らせてもらうことができました。NHKが、ラジオ放送をしていることを初めて知った子どもがいたようです。第1、第2、FMと3つも放送していることに、さらに驚いていました。

P1020650 P1020652

 次は、副調整室です。モニターがたくさんあって、それぞれに役割があることに驚いていました。すぐ横で、美術さんが今日の放送に使うテロップなどを作っていました。

 たくさんの人が放送に関わっている様子を、確かめることができました。

P1020661 P1020690

 ニューススタジオの見学です。ここでも、実際に放送席に座らせてもらいました。半分がスタジオで見学している間、残りの半分は、副調整室で中の様子を見ることで、実際に放送しているときの様子を想像することができました。

P1020670 P1020675

 放送席の前にも、たくさんのモニターがあります。天井カメラの撮した原稿が、カメラの前に据え付けられたプロンプターに映し出されるので、アナウンサーは正面を向いたまま話すことができると分かりました。

P1020678 P1020671

 一番広い、第1スタジオの見学です。ここでは、選挙特番や人が大勢参加する番組の収録が行われています。たくさんの照明があるのは、どこにも影が映らないようにするためだそうです。

 クロマキーもここに設置されていました。市役所の映像に重ねて、どんな風に映るかを確かめました。青い服を着た子供は、自分の体が透けてしまうので、びっくりしていました。

P1020692 P1020691

P1020701 P1020697

 最後に、ニュース番組ができるまでをDVDを見て、学習しました。

P1020706 

 見学は、2グループに分かれて行いました。もう一グループは、前半に映像を見て、後半に館内を見て回りました。

 短い時間でしたが、大変密度の濃い校外学習午前の部でした。

2010年9月15日 (水)

セキュリティソフトの更新とチエル基礎基本の導入

 高志インテックさんが来校され、今年度のソフトウエアの更新を行っていきました。本校では、チエル社のフラッシュ型教材基礎基本編(1~6年生)の導入と、セキュリティソフトのバージョンアップを行いました。


 セキュリティソフトは、教師用PCのバージョンアップということで、最初、職員室に現在おいてあるPCのみの更新作業で済まそうとされたので、すぐに全職員に放送で周知を行い、教室に行っているPCも全て回収してバージョンアップを行ってもらいました。

 職員室には、業者さんが来校したら、自分を呼ぶよう頼んであったのですが、作業前に内容の確認を行うことができてよかったと思いました。


チエルのフラッシュ型基礎基本は、サーバにインストールしていきました。ブラウザのお気に入りを開くと、中にショートカットがあって、ブラウザ上で動くようになっていました。立ち上がりも速くて、快適な印象でした。こちらは、できるだけ早く周知して、がんがん使ってもらえたらいいなと思います。

2010年9月13日 (月)

学校訪問研修会で外国語活動

 学校訪問研修会がありました。市教委、教育事務所などから指導主事のみなさんが学校を訪問され、1日かけて研修するという、年に一度のイベント(?)です。

 指導主事の他にも、教科指導員、外国語活動指導員などのみなさんが来校され、さまざまなアドバイスをいただくことができます。

 また、今日は、燕市の小学校の先生も一名訪問され、1限から3限にかけて、授業を参観されたようです。

 

 自分は、3限に外国語活動の授業を行いました。

 自分は、物怖じせずに(外国語で)コミュニケーションできるようになることが、外国語活動の目的だと思っています。でも、そうなるためには、ある程度自由に単語や文がいえるようになっていて、自信を持って話せなければならないというのが、基本的な考えとしてあります。

 今日の活動では、全員が「Do you like ○○?」と質問でき、「Yes,I do.」か「No I don't.」で答えられるようになることがねらいでした。

 子どもたちは、前半で、手を変え品を変えしながら、50回以上も受け答えをしました。おかげで、後半のActivityでは、物怖じすることなく、友達に好きなものを尋ねて回っていました。

 子どもたちの自己評価の反応もよく、指導員の先生からも「無理のない展開だった」と評価をいただきました。いやぁ、よかった。

P1020640

 午後は、5限終了後放課となり、部会研修会、全体研修会と続いて、全日程が終了しました。

2010年9月 2日 (木)

管理ソフトのメンテナンス

 新学期3日目。すでにフルスロットル。3階の教室は灼熱。

 高志インテックが来校。コンピュータ室の管理ソフトのメンテナンス。クライアントの復元ポイントが設定できなくなっていた原因を探る。結局、ハブが2カ所でループしていたのが原因と判明。誰がケーブルを差すのだろう?でも、すっきり管理できるようになって気持ちよかった。

 コンピュータ室内のLANケーブルの配線がかなりごちゃごちゃしていて以前から気になってが、来月中に張り直してもらえることになった。喜ばしいことだ。

 市科学展覧会出品作の選考。発育測定。水泳指導。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »