2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 県東部小教研でさみさと小へ行った | トップページ | 沖縄から学校訪問があった »

2010年11月11日 (木)

基礎基本の公開でいろは歌と100マスと国名フラッシュ

 2組が基礎基本の時間の公開を行った。事前研の通り、「いろは歌」の音読、100マスかけ算、国名フラッシュ(チエルの基礎基本から)の3本立てだった。ギャラリーに囲まれた子どもたちは、いつも以上に集中していて、予定の時間よりもはるかに早く内容を終了した。

 基礎基本で大切なことは、15分間で指導する学習内容をはっきりさせておくことと同時に、子どもたちが気持ちよく動くためのルールや、それを可能にする指示もはっきりさせておくことだと思う。

P1030279

 プリントを最後に受け取る子どもに「○○さん、名前を書いたら手を挙げて」と声をかけて、他の子どもの記名を促す(定着したら、言葉がけは不要になるが、あえて言うのも、注意を促してよいかも)、100マスで○付けをするときの、教師の言葉のかけ方、子どもの○のつけ方など、細かい約束をはっきりさせておくことで、全体の動きが速くなるし、教師の指示も通りやすくなる。

 こういう小さい約束の積み重ねが落ち着いた学級をつくる。かねてから、基礎基本は生徒指導と考えてきたが、この細かい言葉がけを明らかにすることもまた、学校研究の一部だと思った。

« 県東部小教研でさみさと小へ行った | トップページ | 沖縄から学校訪問があった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県東部小教研でさみさと小へ行った | トップページ | 沖縄から学校訪問があった »