2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月25日 (木)

社会科の授業研・空襲の被害を理解する

 6年社会科の部会授業研究。太平洋戦争末期、空襲によって人々がどのような被害を受けたかを、具体的に理解することがねらいの授業だった。

 事前研で教科書を読み解き、この単元は、以下の3つの節に分かれていることを確認していた。

  1. 日中戦争から開戦後、ミッドウェー海戦に至るまでの主な歴史の概要
  2. 戦時中の人々のくらしが、戦争の影響に支配されていたこと
  3. ミッドウェー海戦以後から終戦に至るまでの主な歴史の概要

 本時は、2の終末。戦争によって、さまざまな制限を受けながら暮らしていた人々が、さらに戦争に末期に空襲に襲われ、そのもとで、どのような被害を受けるに至ったかを理解する場面だった。

P1020269

 本時は以下のような展開だった。

  1. 教科書の挿絵(東京大空襲の様子)から、何が描かれているかを読み取る
    ・町が炎に包まれてる
    ・人々が逃げまどっている
    ・空に飛行機のような影が見えている
    ・教師「これは、空襲の様子です」
     
  2. 教科書資料(地図)「空襲を受けた都市」を読み取る
    ・東京、大阪など大都市周辺に集中している
    ・全国各地に空襲を受けた場所がある
    ・富山も空襲を受けている
     
  3. 富山空襲を体験した人から空襲の様子を聞く(ビデオ)
     
  4. 空襲の被害について分かったことを出し合う
     
  5. 空襲について考えたことを話し合う(グループ協議)

 

 富山の空襲についての話を聞く必然性が生まれるストーリーができていて、子どもたちの意識が、次第に集中していくのが感じられる授業であった。

 せっかくの体験談は、ライブで聞いた方がよいのでは、という意見もあったが、45分の授業という時間の制約、内容の妥当性を考えれば、ビデオで編集してあったことの方が、本時では効果があったという話に落ち着いた。

P1020261

 語ってくださったのが、学級の児童の祖父ということもあったと思うが、子どもたちは大変真剣に耳を傾けていた。

P1020276

 1に少々時間をかけすぎたため、最後のグループ協議の時間が十分確保できなかった。教えるべきはすっきりさっと教え、討論に時間をかけるための、ステップの刻み方(何を教え、何を考えさせるか。どれだけ時間をかけるか)をよりいっそう意識することが課題として残った。ここがまた難しいところではあるけれど。

 討論するさいの投げかけとして、「この時間が始まる前の自分の考えと比べて、考えたこと」「これまでよりも考えが増えたことや深まったこと」のように、考えるための視点を与えることも大事だという議論もあった。

 

 教科書は、その該当ページだけではなく、単元全体を見通すことや前後とのつながりを見ておくことも大事だと、あらためて実感した授業研究だった。今回のビデオは、アーカイブ化し、学校の財産となる資料として、保存しておきたい。

2010年11月24日 (水)

グラウンドで全校児童集会

 児童集会があった。本校は体育館を新築中のため、2学期からは、グラウンドで集会を行っている。今回は、集会委員会主催の2回目の集会。

 グランド全体を使って3択クイズと、棒につかまって走り、その棒をバトン代わりにしたリレーの2プログラム。グラウンド全体を使うので、けっこうダイナミックな集会ができる。しかしながら、放送設備が不十分で音がよく聞き取れず、秩序が十分保てなかったのがやや残念。

 大勢で行う集団活動では、一人一人の心がけも大事だと思うが、それを可能にする環境づくり(今回の場合は、適切な音量を確保すること)も大切だと思った。

P1030588 P1030592 

 ここしばらく、集会は、色団内のグループでの活動を基本としている。今年度は、体育館がないということで、全校が集まって卒業を祝う活動を行うことができない。そこで、団グループを基本に小集団での祝う活動を構想している。ここしばらくの、団による集会活動はその布石。

 とはいえ、富山は、これから、外が晴れ上がることが少なくなるし、寒さも厳しくなる。あと何回、こういう活動が可能だろうか。

2010年11月22日 (月)

6年基礎、3年授業の全体研はどちらも社会

放課後、基礎基本部会、授業力向上部会の全体研。6年の基礎と3年の社会について検討した。

6年基礎は、社会科を中心とした内容。現在予定している展開は以下の通り。

  1. 「雨ニモマケズ」音読と暗唱。
  2. フラッシュ型教材で、明治時代の人物名の確認。
    最初は、肖像画、人物名、主な業績の書かれたフラッシュを見て、全員で唱える。次のステップでは、教師が業績を言うと、人物名を答える(人物名は、答えた後から教師の操作で出てくる。)
  3. ワークシートに、業績と人物名を漢字で書く。

展開は比較的シンプルで、指導のポイントも明確。社会科の基本的な知識も、このようにして、習熟していくのは大切だと思う。

P1030581


3年社会は、「スーパーマーケットではたらく人びと」。この単元の学習活動は、わりとはっきりしていて、次の4つのステップに分かれている。

  • スーパーマーケットの見学を通して、「品揃え」「新鮮さ」「安全で安心」などの工夫を、見学を通して調べる。
  • 家族のスーパーマーケットの選択の理由を、家族への聞き取りを通して調べる。
  • 見学先のスーパーマーケットに来るお客さんも、家族と同じ理由で店を選んでいるかどうかを、インタビューを通して調べる。
  • スーパーマーケット以外のお店は、お客さんを呼ぶためにどのような工夫をしているかを、見学を通して調べる。

3つめのステップでは、共通体験の場へでかけ、第三者からスーパーを選択する理由を問うことで、スーパーの工夫とお客のニーズがマッチしていることや、立地も選択理由になることを理解する。

4つめのステップは、それまでの3つのステップのノウハウを活用して、課外で調べ、スーパーマーケットの工夫との共通点や相違点を明らかにする、というのが、スタンダードな展開だと、自分は思っている。

P1030582

本時は、3つめのステップの最後の時間となる。現時点では、2つめのステップで、どんな観点でスーパーを選ぶとよいかを家族に問い、3つめのステップでも家族が実際にスーパーを選んだ理由を問うているとのこと。そのため、本時の中で、どのように、スーパーマーケットの工夫と顧客の店を選ぶ理由とにつながりを見いだすための展開について話題となった。

はじめは拡散した議論だったし、授業自体も拡散しそうだったが、確実に習得することを考えると、子どもたちの意識や発言をナビゲートする展開を工夫する方向で話がまとまった。

相手の考えを否定することなく、自分の考えを伝えていくことが、議論の終着点を見いだすには大切だと、先日の某パネルで理解していたはずだったが、ついつい強い物言いをしてしまい、反省。


研修会終了後、ICT機器修理のための諸連絡。今日も1台、プロジェクタが煙を噴いてダウンした模様。ここ1カ月で2台目。早くも寿命なのか?

2010年11月20日 (土)

JAET上越大会に参加した

全日本教育工学研究協議会全国大会に参加のため朝7:18富山駅発の北越で上越へ。午前中は分科会。今年度は、「授業におけるICT活用(日常化の取組)」という分科会が4つも設けられていて、日常化の方向に、世の中が大きく動いていることが伺われた。

自分は、以下の発表を聞いた。

  • 漢文指導における教材提示の効果の検討:金隆子(山形県米沢市立第二中学校)堀田龍也(玉川大学)
    P1030393
  • 『思考スキルを習得させる授業デザインの開発』~第1学年から第3学年までの【分類】の授業実践:三宅貴久子(関西大学初等部)・塩谷京子(関西大学初等部)・黒上晴夫(関西大学総合情報学部)
    P1030415
  • ICT活用に着目した教科別授業モデルの開発:遠藤麻由美(宮城県栗原市立大岡小学校)・成瀬 啓(宮城県教育研修センター)・稲垣 忠 (東北学院大学教養学部)
  • 普通教室のICT環境整備及び活用に関する全国調査:中尾教子(内田洋行教育総合研究所)・野中陽一(横浜国立大学)・山田智之(内田洋行教育総合研究所)・高橋 純(富山大学)・堀田龍也(玉川大学)
    P1030441
  • 小学校低学年における情報活用の実践力育成のための情報教育カリキュラムの開発:山之内恵美(上越教育大学大学院)・南部昌敏(上越教育大学)
  • 小学校外国語活動におけるフラッシュ型教材による文字の提示に関する検討:表 克昌(富山県氷見市立明和小学校)・高橋純(富山大学人間発達科学部)・堀田龍也(玉川大学大学院教育学研究科)
    P1030451
  • 特別な支援を必要としている子どもへのICTを活用した取組 ~個別指導や小集団指導での効果的な活用~:秦野真一(新潟県上越市立春日小学校)
  • 実物投影機を用いて教科書を拡大投影する際の板書内容の検討:土井国春(徳島県三好郡東みよし町立三庄小学校)・堀田龍也(玉川大学)
    P1030516

この他にも、電子黒板の活用をテーマにした発表をいくつか、同じ時間枠の中ではしごして聞いた。

ICT活用に着目した授業モデルの開発は、ICTを活用するならば、どこも同じ道をたどるのだと分かった。実用的な、授業モデルとなると、どこまで詳細であればよいのか、あるいは、大雑把な方がよいのかについて、改めて考えてしまった。

電子黒板の活用をネタにした発表の多くは、電子黒板が効果的ということを伝えようとしているのだが、よくよく聞いていると、その効果は、拡大して見せて議論を焦点化できたことから来る効果であることが多いように思った。その効果自体は、電子黒板固有の効果ではなく、拡大できるICTであればいずれも同じ効果を及ぼすと言えるのではないだろうか。


午後は、パネルディスカッション。

テーマ:「教育の情報化、次の10年を考える」
コーディネータ:聖心女子大学教授 永野和男氏
パネリスト:
(1)富山大学教授 山西潤一氏
(2)玉川大学教授 堀田龍也氏
(3)(独)教員研修センター総務部長 小熊浩氏
(4)熊本市立南小国中学校教頭 桑崎剛氏

P1030529

次の10年をどう振る舞っていけばよいかは、誰もが気になっているところだ。堀田先生は、来年度からの学習指導要領に合わせ、「習得」「活用」「探究」の3つの場面で必要とされる研究について、端的に明示された。と、同時に、次の学習指導要領の改訂に向けて、ここ数年の内に、先行実践を行い研究を積んでおくことの重要性も指摘された。

P1030562P1030569

パネル全体については、いやはや、大変驚いた、とだけ書いておこう。

2010年11月14日 (日)

写真の整理と講演会の予習

 昨日から今日にかけて、過去写真を整理した。2008年から2009年にかけて、撮したままに日付順のフォルダに入っていただけだった。

 フォルダに内容の違う写真が入っていた場合は、複数のフォルダに分け、それぞれに、日付とタイトルをつけた。1枚、2枚と断片的に撮してあったスナップは、「学校風景」「教室風景」「東京風景」「富山風景」など、いくつかのカテゴリフォルダをつくって、そこに収納していった。

 2008年は4.5G、2009年度はやや少なくて2Gのデータ量があった。2台の外付けHDに同じものをコピーし、さらに、DVDに焼く。けっこう時間がかかったけれど、デジタルデータは、消滅するとそれまでなので、慎重になる。

 もっとも、これだけの写真を生かす機会があるのかと問われると、・・・となるが(笑)。

 

 明日の小教研に備えて予習。明日は、金沢大の鈴木教授をお迎えして、ESDに関する講演を聞くことになっている。講師紹介もあるので、リサーチ。ESDに少し詳しくなった。

バンドフェスティバルを聞いた。

 富山県小学校バンドフェスティバルを聞きに行った。我が子が参加する堀川小は、12名と少数での演奏ながら、音の出だしがしっかり揃っていて、とてもクリアーな音の響きが素晴らしかった。一人一人の音量もかなりしっかり出ていて、人数の少なさを十分にカバーしていたと思う。よく頑張った。

 

 驚くべきは、附属小の演奏。今年度の全日本吹奏楽コンクールでは、富山県代表として北陸大会で3年連続金賞受賞という快挙を成し遂げ、東日本大会へと駒を進めた附属小の演奏は、他を圧倒する出来映えであった。

 1曲目は、課題曲の「オーディナリー・マーチ」。最初の音を聞いて、ひっくり返りそうになった。温かく包み込むような無理のない音の響き。31名しか部員がいないのに、その前の2倍以上メンバーがいた団体と全く遜色のない音量。全く狂いのないチューニング。一人一人の力量の高さとバンド全体のまとまりとを兼ね備えたスーパーバンドだった。

 その後、コンクール自由曲のハチャトーリアン作曲「仮面舞踏会」(高校・一般でも自由曲に取り上げる曲だ)、これまた圧倒的なグルーブ感が心地よかった「ルパン3世」と続いた。10分あまりのステージだったが、時間を全く感じさせない素晴らしい演奏だった。

 会場からは、鳴りやまない本気の拍手。みんな、アンコールしたいくらいの気持ちだったことだろう。

 これまでプロ、アマ合わせて数多くのステージ演奏を聴いてきたが、あそこまで全く隙のない演奏は、生まれて初めて聴いたように思う。子どもたちにも、そして、指導者にも敬意を表したい。

2010年11月12日 (金)

総合では情報を整理する段階が必要

 総合的な学習では、情報を集める活動はどこでも行うし、情報を発信する活動も、多くの教室で行われる。しかし、せっかく発表しながら、内容理解が表面的で何を調べたかがわからない、せっかく調べてまとめているのに言いたいことが相手に伝わらない、といった問題が起きることも、少なからず見受けられるように思う。

 調べたことを生きて伝わる情報にするためには、集めた情報を整理して再構築する活動が必要である。

 5年生の総合では、学習した成果の最終報告会を12月始めに予定している。タイムスケジュールを組んで、4つの会場で同時に発表を行うプレゼンテーション大会を実施する。子どもたちは、グループに分かれ、テーマに沿って内容を整理し、再調査、構成を行ってプレゼンテーションを作成する。

 現在は、どのクラスも、各自が調べたことを共有し合い、エネルギー消費の実態、温暖化とエネルギーとの関連などについて知識を広げるとともに、自分の取り組みを見直す段階に入っている。来週は、グルーピングを行い、内容の検討を行うことになるだろう。

P1030294

 木曜日は、学習参観。当初は、作成したプレゼンや原稿を使って学級発表を行っているところを参観いただこうと思っていた。しかし、情報を整理する段階を抜きには、学習は深まらないと考えて、発表練習しているところを参観していただくことにした。

 物足りないと感じられる保護者の方もいらっしゃるだろうが、子どもに力となるよう、ご理解いただければ幸いに思う。

沖縄から学校訪問があった

 沖縄県読谷村から学校訪問があった。小学校の教頭先生方を中心に約10名の方の訪問だった。

 遠く離れた沖縄から富山へ来るというのは、並大抵のことではないと思う。年度が変わっても本校が注目を受けている、ということに、かなり緊張した一日だった。

 

 5年生は、基礎基本のモジュールのみの公開だった。学級によっては、朝活動に予定されていた地域の方による読み聞かせがなかなか始まらずに、いささか焦ったところもあったようだ。しかし、基礎基本自体は、時間が短くなろうがどうなろうが、日常行っていることを淡々と行うだけなので、どの学級も滞りなく実践できたようだ。

P1030291

 自級は、「わらぐつの中の神様」の音読、新出漢字の練習を公開。これを機会に、最近、あまり言わなくなっていた姿勢、机上の筆記用具などについて、点検することができたのはよかったと思う。しかし、廊下のぞうきんの整頓、机の整頓ができているかなど、チェック漏れがあったのがちょっと心残り。

 やはり、ときどきどなたかの査察を受けて、継続的に指導を見直せたらいいなと思うのであった。

2010年11月11日 (木)

基礎基本の公開でいろは歌と100マスと国名フラッシュ

 2組が基礎基本の時間の公開を行った。事前研の通り、「いろは歌」の音読、100マスかけ算、国名フラッシュ(チエルの基礎基本から)の3本立てだった。ギャラリーに囲まれた子どもたちは、いつも以上に集中していて、予定の時間よりもはるかに早く内容を終了した。

 基礎基本で大切なことは、15分間で指導する学習内容をはっきりさせておくことと同時に、子どもたちが気持ちよく動くためのルールや、それを可能にする指示もはっきりさせておくことだと思う。

P1030279

 プリントを最後に受け取る子どもに「○○さん、名前を書いたら手を挙げて」と声をかけて、他の子どもの記名を促す(定着したら、言葉がけは不要になるが、あえて言うのも、注意を促してよいかも)、100マスで○付けをするときの、教師の言葉のかけ方、子どもの○のつけ方など、細かい約束をはっきりさせておくことで、全体の動きが速くなるし、教師の指示も通りやすくなる。

 こういう小さい約束の積み重ねが落ち着いた学級をつくる。かねてから、基礎基本は生徒指導と考えてきたが、この細かい言葉がけを明らかにすることもまた、学校研究の一部だと思った。

2010年11月10日 (水)

県東部小教研でさみさと小へ行った

県東部小学校教育課程研究集会。総合的な学習部会は、朝日町のさみさと小で開催された。研究授業は、4年生と6年生の2学級。自分は、高学年部会に参加した。

6年生の単元名は「朝日町とともに生きる-住みよい町であり続けるために-」。観光客の訪れる賑やかな町、ごみのないきれいな町をつくりたいという、子どもたちの強い願いが伝わる実践だった。

P1030142P1030145

午後は、文部科学省教育課程課の田村学教科調査官による講演「21世紀型学力を育成する総合的な学習の時間-探究的な学習を通して-」。とても切れ味鋭いお話しで、納得するばかり。

P1030263P1030268

最近、総合的な学習に対する理解が十分広がらないことに、残念な思いを抱いていたが、今日のお話を聞いて、自分の実践にも、それを他へと広めていくことにも元気が出た。

まずは、自分の学年、学校へ、さらには、外部へと発信しながら実践を進められるよう、努力していきたいと思った。

と同時に、最近の実践でおろそかになっていた部分にも、大いに気付くことができた。明日からさっそく、立て直しを図っていきたいと思う。

2010年11月 5日 (金)

5年の基礎基本の指導の事前研

 基礎基本部会の事前研に参加。5年2組が行う指導内容の検討を行った。

 

 15分間の基礎基本のモジュールを3つに分けて実践する予定。内容と展開は次の通り。

  1. 「いろは歌」音読。
    いろはにほへと・・・、ではなく、色はにおえど散りぬるを、と短歌風に詠み上げる。
     
  2. 100マス計算。
     かけ算を2分で行う。終わったら挙手する。教師は、順位を指で示す。
     ワークシートには、1ページに足し算、引き算の100マスも書かれていて、かけ算の終わった子どもは、足し算に取り組む。
     答え合わせの作法が決まっていて、一段ずつ採点していく。正答には、赤鉛筆で点を打ち、全正ならば右端に丸をつけて10点となる。
     採点が終わったら、後ろから前にプリントを送って回収。誰も席を立たないで集める。
  3. 世界の国名
     チエル基礎基本5年生編を使って、世界の主な国名を全員で唱える。
     この日の、基礎基本の次の1限目が社会科なので、それへのつなぎとして、国名を覚えていこうとする意識を高める。

 

 基礎基本のモジュールは、習熟型学力を身につける時間であると同時に、生徒指導的指導を行う時間でもある。

 落ち着いて学習に取り組む構えを身につけること、学習や行動のルールを身につけ習慣化すること、教師の指示を的確に受け止められるようになることが、この時間に取り組む一義になる。

 それらを実現するために、活動や言葉を吟味していくとよいと思った。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »