2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 論文指導と教育課程研 | トップページ | 応援合戦の企画は進む そして夜は情報研 »

2011年8月25日 (木)

区域小教研学年部会と市小教研総合部会

 午前中は、第3区域小教研。学年毎に各校に集合して、課題に沿って議論した。

 6年生は、月岡小に集合。卒業に向けて学力を確実に習得させるための指導や学級経営について、5つのグループに分かれて、ワークショップ形式で検討。しかし、形式だけの導入だったのがちょっと残念。もう少し具体的な指示によるコーディネートがあれば、議論はさらに深まったと思う。

 

 午後は、光陽小にて、市小教研総合部会の目標分析研。三日市さんの授業の事前研だった。

 議論は、本時の話し合いの持ち方について。グループ学習と一斉学習での、話し合いの目的の違いや、教師の働きかけの違いについて検討した。

 グループでの議論を効果的にもつには、日頃から教科の授業でも同じように実践しておく必要があるわけで、そういう点では、山室中部小が取り組もうとしていることの延長上に、三日市さんの実践があるとも言える。

 総合の授業を検討していると、教科の「思考する学習活動」につながるというのは、極めてまっとうだ。

« 論文指導と教育課程研 | トップページ | 応援合戦の企画は進む そして夜は情報研 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 論文指導と教育課程研 | トップページ | 応援合戦の企画は進む そして夜は情報研 »