2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 校内研の指導とCETT | トップページ | 陸上練習と明日の校内研の準備 »

2011年8月17日 (水)

校内研の指導と校外学習の事前学習

 すごく早朝に目覚めた。強迫観念(笑)。そのまま、校内研のワークシート作成の最後の詰め。できたところまでで高橋研へ。

 10:00~、高橋先生と校内研の打ち合わせ。ようやくGOサイン。全体の流れ、それぞれの演習の進め方と留意点を確認。最後には、高橋先生に骨を拾ってもらうことにconfident

 

 午後、秋の校外学習の下見を兼ねて、石川県立歴史博物館へ。以前にも一度行ったことがあるはずだが、記憶はすっかり錆び付いていた。

P1060199 P1060187

 博物館は、建物自体が、昭和初期に軍隊の兵器敞として使われていたという、歴史的建造物。

 中には、先史時代から昭和に至るまで、金沢を中心に石川県の展示物が、一堂に集められている。富山でこれだけの展示を見ようとすると、5つ6つの博物館をはしごしなければならないことを思うと、県立博物館が存在する価値は、とても大きいと思った。

P1060188 P1060192  

 江戸時代の加賀百万石に関する展示では、越中の加賀藩領にほとんど触れられていないのが残念だった。領地地図も、加賀と能登は拡大してあるが、越中領はどこにもない。

 石川県立の博物館とはいえ、百万石のかなりの部分は、砺波や新川から得ていたわけで、そのことに触れないのは片手落ちではないかと感じた。

 

 博物館の後は、隣の県立美術館広坂分館へ。ここも、昭和時代初期、陸軍第9師団長の官舎として使われていた建物だとか。玄関は、当時のままらしい。

P1060206 P1060214

 

 さらに、金沢城公園へ。石川門から最近、再建された河北門を経由して五十間長屋を見た。

P1060228 P1060232

 石川門の内側の石垣は、場所によって積み方が違う。

P1060237 P1060238

 河北門。ごく最近、復元された様子。門の2階に上がることができる。中はまだ木の香り。

P1060244 P1060250

 

 五十間長屋。これも、最近復元されたものだが、規模が大きくて立派。

P1060257 P1060262

P1060266 P1060265

 しかし、時間切れで入れず(涙)。

 

 近くの高台には、三十三間長屋というのがあって、こちらは江戸期に建てられた重要文化財だったが、まだ未整備の状態だった。

P1060269 P1060268

 というわけで、ちい散歩風金沢一人旅だったが、こんな風にフラフラ歩き回るから、誰も一緒に行きたがらないんだろうな(笑)。

« 校内研の指導とCETT | トップページ | 陸上練習と明日の校内研の準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 校内研の指導とCETT | トップページ | 陸上練習と明日の校内研の準備 »