2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« TPPは国を滅ぼす(小倉正行) | トップページ | 農協の陰謀(山下一仁) »

2012年1月 9日 (月)

農協との「30年戦争」(岡本重明)

 愛知県知多半島で農業法人を営む筆者が、農協が自分たちの考えるわくを越えて営農しようとする人々に対して、どんな圧力をかけてきたかを糾弾する1冊。

 当初は、農家を守るために発足したはずの農協が、もはや、組織を温存することが活動の一義になっていることの弊害を、筆者は強く訴える。そして、日本の農業も積極的に生産をすすめることで、世界の中で、競争力を持てると主張している。

 筆者は昨年末のTV番組「たけしのテレビタックル」のTPP特集で、賛成派の一人として出演していた。番組の中で「「TPPを締結するかどうかは、どっちでも良くて、農政が変わることが大事だ。これまで、変える変えると言いながら、国内ではできなかったのだから、外圧でも何でもとにかくこれが、農政を変えるきっかけになればよい」といった趣旨の発言をしていた。

 本書を読めば、筆者がなぜそう考えるに至ったかが、よくわかる。

 農協との「30年戦争」(岡本重明、文春新書)

« TPPは国を滅ぼす(小倉正行) | トップページ | 農協の陰謀(山下一仁) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TPPは国を滅ぼす(小倉正行) | トップページ | 農協の陰謀(山下一仁) »