2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

卒業に向けての二題

 卒業プロジェクト始動。放課後、計画委員を集めて、プロジェクトのめあてと活動の方向性を検討。

 子どもたちの帰宅後、卒業式の歌を検討。「旅立ちの日に」「さよならは言わない」の2曲に決定。「旅立ちの日に」は、ここ数年、もはや定番の感があったが、今年度からは教科書にも掲載され、ますますその位置を不動の物にした。良い曲はやはり良いのだ。

2012年1月27日 (金)

今年度4回目の学校視察

 高岡市の野村小より学校視察。白江教頭T始め5名の方が来校された。基礎学力の時間と1限を参観、2限は、研究概要のプレゼンを聞いていただいた。果たして、本校の取り組みの意図や手だては、具体的に伝わっただろうか。

 参観を受けるのは今年度4回目。研究校でもない普通の学校にしては異例のことだが、それだけ、本校のような学習規律・生活規律、基礎的な学力に対する取り組みが求められているということだと思う。

 放課後は、計画委員の子どもを残して、卒業プロジェクト始動。あと30日あまりで何ができるか?

 卒業文集校了。学年ページ、各学級のページ、先生方のページなど、すべて仕上がって引き取られていった。まずは一段落といったところ。

 

2012年1月26日 (木)

卒業文集がほぼ完成

 卒業文集の編集作業。子どもたちの作成した原稿を最終校正。何度見ても、訂正箇所が見つかる(苦笑)。大きさを合わせてカットし、印刷用台紙に添付。

 学級の表紙や寄せ書き等のページや、ページ数の貼り付けは明日の放課後に回すことに。それでも、終わってみれば23時(涙)。

2012年1月22日 (日)

婦中で古墳を見つけた

 昨日がんばったので、今日はオフ。

 所用で市内を走り回っていて、「王塚古墳」という前方後円墳の遺跡を発見。婦中のふるさと特別支援学校あたりにかんぽの宿があるのだけれど、そのさらに少し奥にあった。

Sn3l1083

 写真奥に見えるのがかんぽの宿。木立があって見えにくいけれども、その手前に見える丸く小高い山が、後円墳の部分。左側が、前方の部分。

 古墳時代にこのあたり一帯を支配していた有力な首長のものと推測されている。このふもとが、かつては周辺地域の中心地だったということだ。

Sn3l1081

 

 先日作ったジャムのうち、みかんジャムが切れたので、夜にジャム作り。

 有田みかん6個分、小房の袋をていねいに取り除き、グラニュー糖を入れて約30分煮詰める。水分がかなり飛んで水飴状になったところで、煮沸消毒した瓶に入れてふたを閉め、逆さまにして冷めるのを待つ。

 みかんは、水分が多いので、なかなかジャムになりにくいが、ペクチンもなかったので、煮詰めただけで仕上がりにした。ヨーグルトのソースぐらいには使えるだろう。試食は明日の朝。

2012年1月21日 (土)

休日だけど休めない

 休日だが職場へ。午前中はややだらだらと時間を過ごしつつ、研究紀要に目を通す。本校の研究課題は、比較的クリアだと思っているのだが、それでも、その課題に正対してまとめるというのは、なかなかに難しいようだ。

 その時間のねらいに対して、どのような活動があったか、その中で、教師が何を問いかけ、子どもがどのように反応したか、その際にすべての子どもが習得したり思考・表現したりするためにどういう指導を行ったかを、端的に書けばよいと、事例にも示していた。

 それらが示されていなかったり、逆に、それ以外のこともたくさん書いてしまっていたりと、端的に書くということが、かえって難しくなっているような印象。みなさん、真剣に取り組み、真剣に執筆してくださっていることは伝わってくるのだが、学校研究となると、その中にどれだけ一貫性を持たせることができるかがキーになる。

 どうしたら、そのことが伝わるかは、難しいところだ。

 

 午後からは、卒業文集の最終校正を、原稿に反映させて印刷。月曜日に起案することに。スキー学習関係の学年事務。

 

今週したこと

 卒業アルバムの写真チェック。行事の概要が分かるようになっているか、一度も写っていない子どもはいないか、などを確認した。

 卒業文集の校正。子どもがワープロで清書し校正したものを、担任が2次校正。児童が再修正した物を交換して、宮野Tが1組原稿を、自分が2組原稿を3次校正。

 スキー学習の班編制。子どもたちのアンケートを基に、仮に編成。昨シーズン以降のスキー場へ通った回数等を確認後、最終決定。

 基礎学力の時間を、3日間に渡って、全学年2組、2・4・6年の3組が公開。できる限り見た。合間に、順次提出される紀要原稿の確認。ホントに首が回らない1週間だった(涙)。

 

2012年1月15日 (日)

日曜日は休む

 食べて、読んで、寝るを繰り返す、怠惰な日を送ってしまった。みなさん、申し訳ない。ほかには、灯油を購入する、作品応募の応募作品のモデルになるなど。でも、しっかり休めたのはありがたかった。

 洗濯物の中に、うっかり薄手のセーターを入れてしまったみたいで、見事に洗濯されて縮んでしまった。紺色のメリノウールのセーターで、けっこう気に入っていたのだが(涙)。

 

2012年1月14日 (土)

働かないアリに意義がある(長谷川英祐)

 はたらきアリの7割は、普段ぼーっとしていて、1割は、一生働かない、という生物学知見をまとめた本。それを人間社会に当てはめるとどうなるか考えたい人々が、当然ながら存在するわけで、そういう筋から話題になった本(笑)。

 もっとも、7割のアリは、仕事の量が増えたときとか、種の存続の危機になったときには働き出すフェイルセーフの役割を果たしているわけで、人が同じように生活するわけにはいかないよなぁ・・・。

 

スピーチの奥義(寺澤芳男)

 金融・証券関係の重役、国際機関MIGAの長官などを歴任した著者が、人々の心をつかむスピーチのノウハウを、自分の経験を基にまとめた1冊。

 けっして自慢本ではなく、むしろ、謙虚に、「『自分の話は期待されていない』と思うところから始める」「逆境があるから、サクセスストーリーには、耳を傾けてもらえる」など、自らの失敗を礎に語られている。

 

 思いもよらず講演、式典など大きな舞台でスピーチする羽目になった人は、読んでみると良い。

仕事のオンチな働き者(山崎将志)

 時間を効率よく、効果的に使うためにはどうしたらいいかを指南する1冊。こういうタイプのノウハウ本は、すべてを鵜呑みにするのではなく、その中から、自分にいかせることを抜き出すのがセオリーだと思っているが、この本からは、今まで考えたこともない視点がいくつも転がっていておもしろかった。

 価値観が時代によって変わる事例として、バカボンのパパと福山雅治を取り上げている。有名百貨店で自分用に仕立てた、ずっと変わらないデザインの(でも高価な)スーツよりは、スーツカンパニーの3万円程度のスーツの方が、いけて見える、というのは、トレンドを考えれば、至極当然。でも、多くの男性は、高価なスーツを大事にずっと着てしまうだろう。

 自分の価値観がそれでよいのかを問い直すことって、年を重ねるほど、少なくなるだろうから、意図的に行っていかねばならないと思った。

 

 現代は、時間消費社会であるという視点や、売れるのはwantな物で、shouldな物は売れないし、wantなことはするが、shuoldなことはできないなど、当然だけれど読めばなるほどと思うことばかり。

 「大事なことはすべて教科書が教えてくれる」という、ビジネスマンの視点から教育が語られている章も、なかなか参考になった。

 

2012年1月13日 (金)

基礎学力・生活規律の確認週間

 金曜日。今週は4日しかなかったけれど、終末が近づくにつれてエネルギーが切れ気味。帰宅後に、日に日にぐったりしていくのが自分でも分かった。年のせいだろうか?それとも、子どもたちも同じだったのだろうか?(笑)。

 今週から来週にかけては、基礎学力、生活規律確認週間ということで、今日は、朝の基礎学力を、1,3,5年の1組が公開。(昨日は、2,4,6年の1組だった)

 3年中井級では、算数・3けたのたし算の筆算。5年若狹級では、漢字の視写。

P1010839

P1010842 P1010843

 短い指示で、てきぱきと動く子どもたち。どの学級も、ピリッと張り詰めた空気の中での学習が成立していて、基礎学力の時間の、学習の規律を身につけるという意味での効果を感じることができた。

 1年大倉級にいったが、すでに終わっていた。いつか別の時間に見せていただこうかな。

 

 学級は、発育測定、卒業文集をコンピュータで入力など。卒業文集編集委員を集めて、学年の特集ページ等の相談。

 放課後は、学級事務、校務分掌事務。研究紀要が次々に起案されてきている。

2012年1月11日 (水)

給食が始まった

 朝は、学年集会。書き初め大会の金賞受賞者の紹介、黙働清掃の取り組み、名札・服装等の身の回りの確認、卒業文集編集委員の募集など。

 今日から、通常通りに授業。給食も開始。教育相談も開始。中学校が目の前にぶら下がっている今、期待していることや不安に思っていることを、順に聞いていくことに。

 

2012年1月10日 (火)

3学期が始まった

 始業式。書初大会。学活では3学期にこれだけはがんばりたいことをワークシートに記入。清掃後、放課。

 昼食後、書初大会の審査。職員会議。卒業関係の企画委員会。学年だよりの完成。

 起案され始めている、研究紀要の原稿の推敲。今年度は、知識・技能を習得する授業と、習得したことを活用する授業の2つのパターンの研究を行ってきた。

 授業研究のねらいも違うので、当然、紀要にまとめる内容も違うが、特に習得の授業を行った先生方に、違わせ方に迷っている方がいたようなので、居残っている先生方に確認して回った。

 

2012年1月 9日 (月)

冬休みに読んだ本

 冬休みの始めに、児童書を何冊か読んだ。

 まずは、映画化されて公開中の「マジック・ツリーハウス」の1巻。1冊の本に2つの話が入っているし、展開がスピーディーでおもしろいしで、あっという間に読めてしまった。

 それぞれの話で、エピソードは完結するのだが、それぞれの話にストーリー全体に関わる伏線が張られていて、巻が進むと、伏線が解決していくという楽しみもある。子どもたちに人気があるのもよく分かった。

 

 夏休みに読んだ、「妖怪アパートの優雅な日常」の続きも読んだ。このシリーズ、話の本筋よりも、食べ物の描写がやたら詳しいのが特徴(笑)。まぁ、それがよかったりもするのだが。

 

 

 この冬休みには、物語系の書籍もいくつか読んだ。どれも、引っ張り出した昔の本だが、どの話も、ストーリーをすっかり忘れていたので、けっこう楽しめた。もっとも、読んでいくうちに、その話の雰囲気みたいなものは、思い出したりもしたが。

 どの本もあらかた絶版だったりするが(笑)。『百万年の船』は、アメリカの作家、ポール・アンダースンのSF。何十万人かに一人の割合で生まれてくる、永遠の命を持った人々が、それぞれの時代の中でどう生き延びてきたかを描いた、連作短編集。

 けっこう、わくわくして一気読みした。

 冷戦終結後のスパイたちの境遇を描いた、フレデリック・フォーサイスの連作の1作目。なんだか、なつかしい感じだった。

  

農協の陰謀(山下一仁)

 こちらは、元農水省の幹部官僚が書き記した1冊。『農協との「30年戦争」』を記した岡本氏が、農業者の立場から、農業の現場に対する圧力について書いていたのに対して、本書は、農協が政治に及ぼした影響について書かれている。

 筆者は、TPPの締結で困るのは農業者ではなく、農協であることを、経済的理論の裏付けや、具体的なデータを挙げながら検証している。

 

 生産調整を撤廃し、積極的に農業を行うことで、農業に国際的な競争力を持たせることができるという考え方は、岡本氏に共通する。

 その結果、経営が苦しくなるだろう零細農家を支援するためにあるのが、直接個々の農家に提供される個別所得補償である、という考え方は、山田前農水大臣の著作に書かれていることに共通する。

 おもしろいのは、山田前農水大臣は、TPPに反対の立場を取っていること。立場が違うのに、主張することが同じというのは、どういうことなんだろうね。

 農協の陰謀 「TPP反対」に隠された巨大組織の思惑(山下一仁、宝島社新書)

農協との「30年戦争」(岡本重明)

 愛知県知多半島で農業法人を営む筆者が、農協が自分たちの考えるわくを越えて営農しようとする人々に対して、どんな圧力をかけてきたかを糾弾する1冊。

 当初は、農家を守るために発足したはずの農協が、もはや、組織を温存することが活動の一義になっていることの弊害を、筆者は強く訴える。そして、日本の農業も積極的に生産をすすめることで、世界の中で、競争力を持てると主張している。

 筆者は昨年末のTV番組「たけしのテレビタックル」のTPP特集で、賛成派の一人として出演していた。番組の中で「「TPPを締結するかどうかは、どっちでも良くて、農政が変わることが大事だ。これまで、変える変えると言いながら、国内ではできなかったのだから、外圧でも何でもとにかくこれが、農政を変えるきっかけになればよい」といった趣旨の発言をしていた。

 本書を読めば、筆者がなぜそう考えるに至ったかが、よくわかる。

 農協との「30年戦争」(岡本重明、文春新書)

TPPは国を滅ぼす(小倉正行)

 「TPPは国を滅ぼす(小倉正行、宝島社新書)」。TPPというのは、農業だけに関わるわけではないが、本書では、主に、農政に及ぼす影響が示されている。

 といっても、基となるデータは、農水省、日本医師会など、TPPを締結することで、権限や特権に対して影響を被る省庁や団体が示している物。

 農水省のデータでは、米の輸入が自由化されると、日本の米の9割が輸入米に取って代わられると言われているが、いっぽうで、世界の穀物市場の動きや、現実に栽培されている品種の多くがジャポニカではないことなど、額面通りには受け取れにくい要素が含まれていることが、他の書籍等には明らかにされている。

 本書は、どうも、反対を正当化するための情報だけ集めたのではないかという印象を持った。TPPと農業の関連について予備知識のない人は、へーっ、と思うかも知れないが、TPPに賛成する人々を納得させるには、物足りない感じがあって、ちょっと残念。 

 とはいえ、反対する人々の見解を知る上では、有用な1冊だと思った。

「農政」大転換(山田正彦)

 最近、TPPや農政に関する本をいくつか読んでみた。賛否両論あるTPPと農政との関わりだが、それぞれの立場で書かれていることを読み比べないと、どちらとも言えないと思っていたからだ。

 

 マスコミ等で、世の中に広がる情報は、全体のほんの一部。しかも、その情報には当然ながら、それぞれの立場によるフィルターがかかっている。意図的に報道されないこともあるだろうし、事実ではなくても報道されてしまえば、それは事実とされてしまうこともある。

 結局は、自分がどのようなことを知り、そこからどう判断するか。情報を鵜呑みにするのではなく、そこから判断することが大事になる、ということだ。

 

 『「農政」大転換(山田正彦、宝島社新書)』。前の農水大臣が農政をどう改革していくかを、熱く語る1冊。

 TPPに賛成している人も、反対している人も、農政を改革したいという思いは共通している。となれば、問題の本質は別のところにあることが、垣間見えてくる。

 山田氏が、在職中に行ったさまざまな施策や、視察を通して分かった事実がさまざまに語られる。民主党政権になってから、さまざまな補助金、補償金が、直接農家に支払われるように仕組みが変わったことは、制度転換の大きな一つだろう。

 誰に対して補償するのか、どのような目的でどのように補助金が使われるのかなど、運用についてもう一段踏み込むことができれば、真に役に立つ予算の使われ方になると思った。

2012年1月 8日 (日)

成人式

 呉羽中学校区の成人式に出席。寒江小の最初の卒業生。自分にとっては、5回目の卒業生だった。男の子はたくましく、女の子は美しく成長していて、誰もが頼もしく見えた。

 マイタウンマップで、初めて大臣賞をいただいたのは、彼らとの実践だった。あまり時間がなくて、そういう話はできなかったが、彼らの心の中には、あの頃の出来事はどんな風に残っていたのだろう。

 午後は、自動車のディーラーへいって、ちょっと相談事(*^.^*)。

2012年1月 6日 (金)

スキー学習の事前打ち合わせ

 出勤。職場のみなさんに年始のご挨拶。午前中は、学年だよりを作成したり、起案され始めている研究紀要を読んだり。途中で、某配布忘れを思い出し、対応。午前のうちに何とか終了。

 12:00、スキー学習の打ち合わせのため、職場を出て立山山麓スキー場へ。スキー場事務所、スキースクール、レストランで、当日の日程、内容、運営等の確認。

 職場に戻って、午前の続き。今日ぐらいは、定時で退勤。

2012年1月 5日 (木)

教材研究2

教材研究2
富士山

2012年1月 3日 (火)

教材研究

教材研究
平等院鳳凰堂

2012年1月 2日 (月)

新年早々献血してみた

 マリエ献血ルームで血小板献血。前回、献血したときに、「正月は血液が不足するので、予約してもらえないか」と頼まれていた。昨日もアルコールは控えめにして、今日に備えていた(笑)。

 献血ルームは、かなりの混み具合で、けっこう時間がかかった。でも、職員のみなさんが、正月から献血に集まるわたしたちに、大変ていねいに対応してくださり、かえって頭の下がる思いがした。

 マリエは、今日から、バーゲンだったようだが、客足は予想していたほどではなかった。あいにくの雪交じりの天気だったからかも知れないが、或いは、みなさん、西町大和か、はたまた、金沢のフォーラスバーゲンあたりに出かけているのか。

 午後は、家内の実家にお年始。

2012年1月 1日 (日)

最初の1日

 午前中は、読書と年賀状の整理。午後は、近所の神社に初詣。

Sn3l0993

 夜に集うので、その材料等を買いにいく。元旦からけっこうな人出。働いているみなさんには、頭が下がるばかり。夕方から、弟夫妻も集まって年始。

 今年は、久しぶりに宿題らしい宿題がない年末年始なので、ちょっとばかりのんびり。(しすぎて気が抜けている感もあるが。confident

平成24年の年始にあたって

 明けましておめでとうございます。2012(平成24)年がスタートしました。

 今年も、新しいことに挑戦する気持ちを忘れずに、

 自分の今の立場でできることは何か、

 それを、実現するためにはどのように振る舞うのか、

 そして、自分にはできないことは何か、してはいけないことは何かを、

 見極めながら過ごしていきたいと思います。

 

 また、担任している6学年の子どもたちは、あと3か月で卒業となります。

 心穏やかに、そして、十分に力をつけて中学生となれるよう、残りの期間の指導を充実させたいと思っています。

 このブログをご覧のみなさんには、今年も、ご指導、ご理解、応援の程、よろしくお願いします。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »