2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

甘夏でジャムを作った

 またしてもジャムを作ってみた。

 今回の材料は、甘夏。2個分の皮をむいて、鍋に投入し、グラニュー糖を入れて煮込む。ペクチンを入れて仕上げたが、ちょっと量が少なかったか、ゆるめの仕上がりになってしまったのが残念。

 小さな瓶に2個分になった。甘夏の苦みと甘味が同居した感じがそのまま瓶詰めされている感じ。

Sn3l1608

 なんかジャム作りが、すっかり趣味化してしまった。これからも、その季節の味を楽しみたいモノだと思う。

2012年4月29日 (日)

情報研4月例会

 午前中は、titoで散髪。再びベリーショートに。

 

 15:00~、高橋研究室で情報教育研究会。今年度1回目ということで、各自が決意表明。具体化するとことは大切さが、その具体化にはさらに段階があること、活動レベルに落として実際にどうするかを考えることが大事。

 その後、研究報告・相談が5件。木原先生@大阪教育大から、研究主任の役割と振る舞いについての講演。

 1回1回の授業研究にどのように連続性を持たせるか、自分が抜けた後にその研究が継続できるのか、つながりを大切にするという視点を、今年度は強く持ちたいと思った。

 

 夜は、木原先生を囲んで懇親会。自分は、いつになく撃沈モードで、1次会で帰還。体重が減って体力も落ちたのではないかと、まわりのみなさんから指摘を受けたが、4月はだいぶリバウンドしたのでそうではないと思う。大丈夫です(笑)。

 

2012年4月28日 (土)

研究計画を考える

 午前中は職場へ。先日の企画委員会での校長Tからの様々なアドバイスをふまえて、研究計画について研修担当教務と検討。以前は考えていたのに忘れてしまっていたこと、今も考えているけど文章に表現し切れていないことなど、指摘は適切だった。

 本校の研究が外部からどういう風に見られがちか、分かっていたことではあるが、予想通りの誤解を受けていることがちょっと残念ではあった。先日の議論では、それがかなり解消したように思う。

 基礎学力や習得の先の実践が行われていることを、ちゃんと「見せていく」ことが大事だということは、以前はよく考えてたことだが、最近ないがしろにしていた。今年度は、そこも意識していきたい。1日には、学年主任を交えて、研究推進委員会を開催予定。

 

 職場からは、歩いて帰宅。午後も2時間ばかりウォーキング。

2012年4月27日 (金)

コナンのテーマをマーチング風に演奏

 家庭訪問終了。それぞれの家庭の雰囲気がつかめたし、いい情報交換ができたが、3日間で40軒は、なかなかハードだった。

 

 午前中は、入学を祝う集会。4年生は、名探偵コナンのテーマをマーチング風に演奏。

 リコーダー、鍵盤ハーモニカをそれぞれ2パートにわけ、縦横のラインをビシッと決めて整列。隊形移動はないが、ステップと楽器を上下左右に振る動きを組み合わせて、統一した動きを見せた。

 他の学年とは違ったインパクトがあったようで、演奏が終わったところで、どよめきが起こった。子どもたちにも、「やりきった感」があり、かなり満足した様子。

2012年4月25日 (水)

家庭訪問1日目

 家庭訪問1日目。昨年までの保護者とは、平均して10歳近く代替わりした。その分、気質もかなり違っているように感じる。もっとも、子どもの成長を願う心には替わりはないようなので安心したが。

 午前中の音楽は、入学を祝う会にむけての練習。マーチングっぽい動きを付加して演出を加えた。

2012年4月23日 (月)

振替休日だけど

 職場へ。校外行事届け、校外学習ボランティア事前打合せの案内など作成。同じく職場に来ていた宮野Tと運動会の打ち合わせ。

 午後からは、学力調査の採点等々、結局、ほぼ一日職場にいた。

2012年4月22日 (日)

総合部会ML

 学習参観が終わって、気持ちは一段落。もっとも、来週は家庭訪問もあり、まだまだ気は抜けない。

 総合部会MLの運用を開始。事前に知らせていただいたアドレスの記述間違いは1件だけ。まだ、連絡のない方が若干いるので、揃い次第登録することに。

2012年4月21日 (土)

今年度最初の学習参観

 情報モラルの指導。個人情報をどう扱うかについて、ネットモラル教材を活用して授業。学年懇談会。まぁ、とにかく驚いた。

 午後は、アクションプランに関する研修会、学級事務。

2012年4月17日 (火)

宿泊学習の事前打ち合わせ

 算数の少人数指導の講師がきまり、本日本校に赴任された。以前、某研究会でご一緒したことのある方だった。今年度は、他校との兼務で、理科専科、初任者指導の先生が週2回ずつ勤務されるが、いずれも、以前からの顔見知りなお方。

 何となく縁(えにし)を感じるのであった。 

 

 午後から呉羽青少年自然の家へ出張。宿泊学習の事前打合会。同宿校と、活動内容や食事・入浴時間の調整を行った。

 活動内容の重複がほとんどなかったので、問題なく話し合いが進んだ。ここまで、重なりがないのも珍しいかも。

 

 4年生の宿泊学習のテーマは、3つ。一つ目は、宿泊学習の「型」を身につけること。

「このあと、大人になってもずっと続く、宿泊を伴う公の場での集団行動のはじめの一歩だ」
という意識で、子どもたちの活動をプロデュースしたいと思う。

 二つ目は、ひたすら活動しまくること、多少体力的に厳しくて困難を伴う活動になるよう負荷をかける。協力して達成したときの成就感を味わってほしいと思う。

 三つ目は、学校での学習とつなぐこと。総合や社会科の内容と絡めた活動を取り入れていきたいと思う。

 日程は、6月上旬。気候にいい時期だけに、充実した活動になることを期待したい。 

2012年4月16日 (月)

4月部会

 本日は、小教研4月部会開催のため、特別校時。市体育文化センター、県総合運動公園など複数会場に集まって、各部会が開催された。

 

 自分が所属するのは総合的な学習の時間部会。わりとこぢんまりした部会だが、その分、互いの顔がよく見えて、仲良くなれる部会ではないかと自負している。

 本日も、部長あいさつに続いて、自己紹介があり、紙プレゼンを使った県専門委員の研究試案の説明があり、市の研究計画の説明がありと、和気あいあいとした中にも、密度の濃い時間が過ぎた。

 

 部会終了後は、職場に戻り、学級事務。なかなか仕事が片付かないなぁ(と、ちょっと愚痴ってみる。^_^;)。

 

今年度のポジション

 今年度は、4年生担任。学年主任。研究主任を兼ねるのも昨年同様。

 スタッフの入れ替わりがかなりある中、研究を継続しつつ、多少の変化を加えていくことになりそう。

  

 小教研では、総合的な学習の時間部会。今年度も事務局の庶務を担当。勤務校から新たに部会には行ってくださった先生もおり、部会全体でも、メンバーが増えて、まずは喜ばしい限り。

 楽しく軽やかに実践しつつ、学びの成果もちゃんとある、そういう部会運営に務めていきたい。

再起動

 しようと思う。書き留めておいたらいいなと思うことを、記録していく。

 再起動しきれるかどうかは、・・・だが、ぼちぼちと書き記していこう。

 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »