2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 生徒指導提要(文部科学省) | トップページ | 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) »

2012年8月23日 (木)

言語活動の充実に関する指導事例集【小学校版】

 現行指導要領では、言語活動の充実による思考力、判断力、表現力の育成が、随所で謳われている。

 本書では、その考え方、各教科における発達段階に応じた具体的な指導内容や、指導方法が示されている。

 言語活動を取り入れた指導を行う際の、カリキュラムの構成の仕方や留意点など、指導事例(簡単な指導案)とその解説など、具体的に授業をイメージしながら読むことができる、優れ物だった。

 この夏、文部科学省の本をかなり読んだが、それぞれの本が、或いは、本と本の間で首尾一貫していて、全くブレがなかった。当然と言えば当然なのだが、それでもすごいと思った。

 わかりやすい授業を行い基礎となる知識・技能を定着させること、思考力・判断力・表現力を育成すること、探究的な学習を総合の時間に行うこと、そういう理念が前回指導要領では十分理解されなかったことなど、前回の反省と理念の周知があちらこちらににじみ出ていた。

 全国の先生方に理解して欲しいという、文科省の強い願いが伝わってくるようだった。

 残念ながら、この本は、品切れの様子。各校に1冊ずつぐらい、購入されていればよいのだが。

【追記】8月27日現在、この本は「在庫あり」になっている。購入するなら今だ。

« 生徒指導提要(文部科学省) | トップページ | 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生徒指導提要(文部科学省) | トップページ | 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) »