2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) | トップページ | ミドルリーダー研修会 »

2012年8月23日 (木)

区域小教研で学力定着と学年経営の工夫を話し合った

 午前中は、区域小教研学年部会。4年生部会は、少人数のグループに分かれて討論し、まとめたことを発表した。

 自分の班のテーマは、学力の向上定着、つながりのある学級・学年経営のための指導の工夫。議論は、1時間弱だったが、指導の工夫やノウハウを具体的に議論できた。模造紙にも、10分ほどでまとめて発表へ。

 参加された方の中には、最初、「1時間で、模造紙にまとめて発表するのは難しい、無理。」と感じた方もいらした。こういうワークショップスタイルの研修には、まだまだ慣れない人が多い様子。

 司会の先生がうまくコントロールしてくださり、他の班よりも具体的な内容で議論することができた。夏季休業の始めに行われた1回目の研修会で、少し話を進めて道筋をつけてあったから、今日は議論も円滑に進んだのではないかと思う。布石を打っておくのは大事。

 終わってみれば、いい議論になった。経験値の高いところほど、議論が具体化している様子だった。

P1020812 P1020819

 

 午後は、総合的な学習の時間の教材研究のため、学年で校区内の病院を訪問。バリアフリーやユニバーサルデザインを考慮した施設になっているか、子どもたちの校外学習による見学が可能かをリサーチしに行った。

P1020826

 介護系の病院だったため、子どもたちが見学するには不適ということで断念。総合に関しては別の方策をとることに。校外学習は、社会科でプランを立てることになった。

 あとは、明日の出張の準備。

« 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) | トップページ | ミドルリーダー研修会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今、求められる力を高める総合的な学習の時間の展開(小学校編) (文部科学省) | トップページ | ミドルリーダー研修会 »