2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 登校日と目標分析研 | トップページ | 2学期の図工の題材を検討した »

2012年8月21日 (火)

2学期の総合的な学習の実践を構想した

 全職員出勤日。午前中は、備品の整備。おそらく、過去約30年にわたって蓄積されるばかりで顧みられることがあまりなかった、算数備品、社会科備品の総点検を行った。

 自分の担当は、算数。昭和50年代に購入されたものがかなりあり、今の指導要領に合わなかったり、用途が不明だったりして使えない物を処分した。分数説明器、拡大縮小説明器など、今となってはICTで教材化した方が分かりやすく手軽になっている。

 ICTがなかった時代、過去の人が、こんなにも道具を用意し、こんなにも工夫しながら指導を行っていたことが、ICTの導入で、非常に効率よく分かりやすく指導できるようになったのだと、実感する時間になった。

 もっとも、ああいう今となってはちょっと得体の知れない道具で学習した子どもたちは、今よりも、想像力、イメージ力が豊かだったのかなと、ちょっと思ったり。

 全部片付かず、午後の後半に持ち越しへ。

 

 午後の前半は研修会。総合的な学習の時間の見直しと2学期の総合的な学習の単元設計を行う時間だった。

 本校では、基礎学力の定着を意図した指導を重ねてきたが、それも、知識・技能を活用した学習や、思考力・判断力・表現力を伴う学習を、効果的に行うためだ。総合的な学習は、その集大成に当たる探究的な学習になるわけで、その実践が充実するのは、とても大切なことだ。

 総合的な学習主任(自分です。笑)が、現行指導要領での基本的な考え方を、1学期の実践を交えて解説。その後、学年ごとに、2学期の学習計画(1、2年は生活科)をワークシートに記入。

 ・体験活動が埋め込まれた探究的な学習になっていること
 ・他者との関わりを埋め込んだ協同的な学習になっていること
 ・本校の評価規準とのつながりを意識すること

をポイントに、2学期の単元を構想した。

 配付資料は、右の通り。「09.pdf」をダウンロード

 

 午後の後半は、備品整備の続き。算数教材室、社会科教材室は、必要な物だけを残して、すっきりと片付いた。学年教材室も新たにに設けられた。次回の備品整備の日には、学年室の整理と男子更衣室の片付けが課題。

« 登校日と目標分析研 | トップページ | 2学期の図工の題材を検討した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登校日と目標分析研 | トップページ | 2学期の図工の題材を検討した »