2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2学期の国語と総合の内容を決めた | トップページ | まほうをかけられた舌(安房直子) »

2012年8月10日 (金)

トンネル(ブライアン・ウィリアムズ、ロデリック・ゴードン)

 図書館から借りてきた上下巻2冊。児童書にカテゴライズされているが、使われている用語がけっこう難しく、またロンドンの街並みなどの知識がないと十分楽しめないなど、中学生、あるいは高校生程度を対象にした方がよいと思われる。

 内容的には、SFっぽい設定の活劇。地下に、18世紀の雰囲気を保ったままの地下人類の都市があるなんて、なかなかいい感じ。映画にしてもよい展開に、結末を楽しみにして読んだ。

 しかし、お話は完結せず、すべての謎を次巻に持ち越し。続きって、図書室にあっただろうか。

« 2学期の国語と総合の内容を決めた | トップページ | まほうをかけられた舌(安房直子) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2学期の国語と総合の内容を決めた | トップページ | まほうをかけられた舌(安房直子) »