2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« リッツカールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣(高野登) | トップページ | ただ音読することとわかって音読することのちがい »

2012年9月 3日 (月)

自由研究発表会とこの先のこと

 1限から、夏休みの自由研究発表会。最低3つの文で、取り組んだことは何か、どんなことがわかったか、そのことから何を感じたかを発表する。構想タイムの間に原稿を用意する子どもがいるなど、自立の兆しが見えたのがうれしかった。

 係活動を決め。あとは、算数と理科。理科は、出張授業の様子を見守りながら、廊下で夏休み作品にメッセージを朱書きした。

 

 放課後は、学級事務。学年主任会。日直当番で校内の施錠確認。

 学年で、この先、2週間の合同授業のすりあわせ。2学期の体育の内容検討。3角キックベースも、今の時代は、野球のルールを知らない子どもが大きいことを前提に、スモールステップで進める実践例が紹介されていて驚くも納得。学習発表会に向けてボディパーカッションのパートを担当することに。

 起案された学校訪問研の指導案に目を通す。

« リッツカールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣(高野登) | トップページ | ただ音読することとわかって音読することのちがい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リッツカールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣(高野登) | トップページ | ただ音読することとわかって音読することのちがい »