2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 学習発表会本発表 | トップページ | テレビを見るようにステージを見ている »

2012年10月20日 (土)

福井で開催されたフラッシュ型教材活用セミナー

 福井で開催されたフラッシュ型教材活用セミナーに参加した。今回は比較的近隣で行われるので、職場の皆さんにも声をかけたところ、大倉T、田中T、菊池Tの3名が参加。9:00富山駅前で集合。ゆったりめのレンタカーで福井へ。

 11:00過ぎには、福井市内着。会場の開場までの時間を利用して、越前そばを堪能。太めの無骨なそばは、東京界隈で食べるそばとは全く違った素朴な味。大根おろしを入れた冷たいつゆをぶっかけて食べるのが、越前そばの流儀だ。

 

 13:00~、セミナーがスタート。堀田先生の趣旨説明に続いて、フラッシュ型教材を使った模擬授業5連発。的確な指示と展開で、心地よい緊迫感のある授業だった。

 無駄な言動を排除することで、かえって分かりやすくなる。これまでにも、自分の勤務校で取り組んできたはずのことだが、最近おろそかになっていたような気がして反省。フラッシュ型教材の活用とその普及について、考えていかなければならないと思った。

 セミナーは、フラッシュ型教材作成ワークショップ、高橋先生による教材作成のコツ、チエル社「フラッシュ基礎基本」を活用した模擬授業、高橋先生による教材活用のポイント、堀田先生の総括講演と続いた。あっという間の、3時間だった。同行した3先生方も、大変満足した様子。

 

 福井と言えばソースカツ丼ということで、帰路に、「ヨーロッパ軒総本店」に寄り道。老舗には、長く続いているだけの分けがある、と4人で納得しあった。

 あとは、北陸道を疾駆して一路富山へ。レンタカーを返却した後、駅前で反省会。ちょっと、長時間、反省しすぎた(笑)。

« 学習発表会本発表 | トップページ | テレビを見るようにステージを見ている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学習発表会本発表 | トップページ | テレビを見るようにステージを見ている »