2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第43回VHSで学んだこと | トップページ | 福井で開催されたフラッシュ型教材活用セミナー »

2012年10月14日 (日)

学習発表会本発表

 学習発表会本発表。

 2学期に入ってから今日まで、「練習は本番のように、本番は練習のように」を合言葉に、子どもたちは毎日がんばってきた。

 まずは、ボディ・パーカッション。多少のアクシデントはあったが、子どもたちは、とても集中して、最後まで揃ったリズムでの演奏を披露した。最後に、「ヤッ」と声を上げるところは、まるで一人の巨人が叫んでいるかのよう。力強く声をそろえることができた。けっこう、達成感を感じられたのではないかと思う。

 続いては器楽合奏。「こきりこ」は、ゆったりとしたメロディが、マーチの軽快なテンポに変わる編曲。また、リコーダーと鍵盤ハーモニカの掛け合いが随所に出てきて、それが聞きどころだった。

 「ハンガリー舞曲第5番」は、テンポの変化の多い難曲だった。耳なじみのある曲だけに、完成度を上げなければ聞き映えがしないが、子どもたちは、田島Tの指揮によく食らいついてきた。一体感のある、素敵な演奏になったと思う。

 

 出演後は、2限、3限と授業。と言っても、3人の担任のうち2名は、アリーナで係を務めていたので、学年で統一した自習体制を組み、自分が一人で120名3学級を見て回る。落ち着いた子どもたちだからこそなせる技。

 

 午後は、バザー。学年・学級事務。

« 第43回VHSで学んだこと | トップページ | 福井で開催されたフラッシュ型教材活用セミナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第43回VHSで学んだこと | トップページ | 福井で開催されたフラッシュ型教材活用セミナー »