2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« まともな日本語を教えない間違いだらけの国語教育(有元秀文) | トップページ | ICTでは何を拡大提示しているか。 »

2013年2月11日 (月)

わかりやすい授業づくりのためのデジタル教科書活用

 富山大学人間発達科学部で開催された「教育フォーラム2013・わかりやすい授業づくりのためのデジタル教科書活用」に参加。

 富山県教委、富山市教委の後援ということで、市教育センターの白石副所長や福満指導主事も参加されていた他、県内の多くの見知った先生方の顔があった。

 また、玉置校長@小牧、吉岡さん@日本教育新聞社など、県内外から約100名の参加があった。勤務校からは自分を含め、9名が参加した。

 

 前半は、高橋先生の仕切りで、模擬授業3連発。デジタル教科書の効果的な活用場面を、国語、算数、社会を事例に3人の先生が模擬授業スタイルで紹介された。

P2110901
 

 

 後半は、堀田先生の講演。テレビ会議による交流学習などICTを活用した派手な実践の最盛期から始まり、それが日常の授業で地道に活用されるようになってきた経緯や、その背景となるPISA調査の結果、学校教育法をベースにしたニーズの変化などをていねいに解きほぐされた。

P2110927

 

 デジタル教科書が、必然として登場していること、普段の授業スタイルを変えることなく、そのまま取り込まれていくことで効果を上げることなどを、実例を示しながら展開された。いつもながら大変説得力のある話で、その場の多くの先生が納得していた。

 明日は、職場でも感想を聞いてみたいものだ。

« まともな日本語を教えない間違いだらけの国語教育(有元秀文) | トップページ | ICTでは何を拡大提示しているか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まともな日本語を教えない間違いだらけの国語教育(有元秀文) | トップページ | ICTでは何を拡大提示しているか。 »